バランスのいい粉末タイプから始める青汁

まずはこれから始めよう!バランスのいい粉末青汁の特徴!

青汁には様々な形態がある

健康機能食品としてすっかり私たちの生活に浸透してきた青汁ですが、皆さんは試された事はありますか?青汁は定期購入から始めるのがお得ですが、いきなり試した事が無い物を長期的に購入するのは難しいですよね。まず初めは数日分が無料で試せるサンプルをもらうなどして、続けられるか否かを考えてから購入を検討するのもいいかもしれません。

また、そうしたサンプル取り寄せでの検討をするなら、同時にどのような形態の物が来るのか確認しておきましょう。ここからすでに青汁の選別が始まっていると言っても過言ではありません。

「青汁って言うくらいだから液状の物だけじゃないの?」と疑問に思うかもしれませんが、確かに飲むという形態としては液状にしてから摂取するものがメジャーですが、青汁も健康機能食品として摂取のしやすさ、嗜好を考えて試行錯誤を繰り返している結果、様々な派生を生み出しているのです。

例えばこのような形態

青汁と言えばやはりあのグリーンの飲み物が真っ先にイメージされますよね。実際それが形態としては最も普及しており、水などに溶かして飲む粉末、普段は冷凍にしておいて飲む際に解凍する液状青汁が飲み物として該当されます。

次に飲みやすさに特化した物としては錠剤タイプの青汁があります。一見して青汁と呼べるかどうか悩む形態ではありますが、持ち運びや味の面から手軽さにおいては随一ですし、忙しい人に向けた一つの形としてこちらも人気です。

他にも変わり種としてはまるでゼリーのようなジュレタイプの青汁もありますが、まずは最もスタンダードな粉末の特徴について簡単にご説明します。

最も多く、そして扱いやすい粉末タイプの青汁

今世の中で最も出回り、最も使われているのが粉末青汁です。これは青汁の原材料を栄養はそのまま、保存性と収納性、作りやすさまでバランスの取れた形態で、よっぽど飲み物という形態に抵抗が無いなら、私としても一番オススメとなります。

作り方は簡単で粉末をコップなどに開けて水を入れて混ぜるだけ、粉末と言えど有名メーカーの青汁は冷たい水でも溶けるので安心して作れます。牛乳などで作る事も出来、料理などに混ぜるなど汎用性も高く、一人暮らしからご家族まであらゆる状況に嬉しい青汁です。

さらに一度に一本、必要な分だけ作れるし、水の量などを調整できるのも魅力です。扱いやすく無駄が無い、栄養価も摂取しやすい一番バランスのいい青汁と言えば粉末です。まずは最初はこの形態から取り組んでみるといいでしょう。