青汁商品の特徴や評判

記事一覧

元祖の強さ!ケールにこだわるキューサイの青汁の魅力!

一度は聞いた事のある青汁の常套句

「まずい!もう一杯!」青汁と聞いてこの言葉を真っ先に浮かべる方はあまりにも多いでしょう。このCMこそ青汁が日本人の心に深く刻まれた要因の一つであり、青汁の特徴を端的に表した一言なのです。

事実、青汁は発売当初は非常にまずく、あのCMと同等の感想を覚えながら、それでも健康の為にと我慢して飲まれた方がいらっしゃいました。そのあまりの苦さと青臭さによってバラエティ番組では罰ゲームとして使用され、それもあって青汁の認知は進みました。

この青汁の特徴的な味はケール由来のものであり、今では栄養価で同等でありながらも風味が楽しめる大麦若葉も使われていますが、今も尚ケールの存在感は強く、そしてケールを研究し使い続けている青汁メーカーがあります。

青汁の始祖、キューサイ

そのメーカーの名前はキューサイです。あのインパクトがあるCMもキューサイが作った物で、セリフの後のメーカーの名前は私たちの胸の奥に刻まれている事でしょう。

そしてこのキューサイこそが日本における青汁の元祖で、まずくも健康に良い青汁から美味しく多用な形態を持つにまでいたる歴史を作り上げてきた支柱とも言える企業です。その功績はあまりに大きく、他の廉価な青汁が出てきたとしてもリピーターが減らない圧倒的な信頼を維持しています。

またケールから作る青汁にこだわっているのも特徴で、元祖から続く由緒正しい青汁と言えばこのメーカーに右に出るものは居ないのではないでしょうか。

伝統にこだわり、進化も続ける青汁

もちろんキューサイの青汁が選ばれ続けるのは元祖を守り続けているだけではありません。ケールという青汁本来の素材を活かしつつも味に関しては研究を重ね、ケールである事を忘れるようなさらっとした飲み心地まで至りました。

さらに人気を博しているのがはちみつ入り青汁です。甘味料の中でもはちみつと青汁は相性が良く、さらに味に関してもほんのりとした甘さが加わり、飲みやすさはさらに向上しています。だからと言って甘すぎる事は無く、野菜の味も同調しているので、天然素材が活かされているというのがよく分かる逸品です。

伝統を守り続けるという事は簡単で無く、その中で生き残るというのには相応の実力と信頼が必要です。キューサイの青汁にはそのノウハウがしっかりと活きておりますので、信頼第一の方は是非キューサイの青汁を試してみて下さいね。

手軽なのに効果あり!単なるタブレットとは違う錠剤青汁について

タブレット錠剤の普及の背景

ストレス過多や不摂生が蔓延する社会において、その裏腹とも言えるブームが生み出されました。恐らくこのブームに関してはほぼ毎日テレビでも取り上げられているのではないでしょうか。

それは健康ブームと呼ばれるものです。年々増えている生活習慣病などから健康への意識は大きく高まり、それに伴って食品会社や製薬会社が乗り出した業務として、ある物が作られ、広まりだします。

近頃ではコンビニなどでも売られているタブレット、所謂錠剤タイプの栄養補助剤ですね。
これは本来野菜などから摂取できる栄養素であるビタミン類や食物繊維といった栄養素を錠剤の中に閉じ込める事により、薬感覚で足りない栄養を補うという物です。野菜不足が嘆かれている今だからこそ特に普及した存在と言えそうです。
(⇒野菜不足の現代で青汁が重要視される理由

錠剤は補助だと理解する

普通に野菜を摂るには忙しすぎる、出先などでどうしても栄養が偏るなどあった場合、手軽に栄養を補ってくれる錠剤は、いざという時の補助としては頼りになり、あなたの健康に少なからず良い影響を与えてくれます。

しかし、ここで勘違いしないで欲しいのは錠剤はあくまでも補助という事です。様々な項目で説明している複数の栄養素を補充できる青汁と違い、錠剤は大体において一つの栄養素に特化していたり、または新鮮な野菜から摂れる栄養素は錠剤に加工できていなかったりと、錠剤に偏向していては色々と不足しがちです。

私としてはやはり粉末タイプの青汁などで手堅く栄養補給をしてもらいたいですが、その手間すら惜しいくらいお忙しい方もいらっしゃり「青汁並みの栄養をさらに手軽に摂りたい!」とお考えになる方もいらっしゃるでしょう。

ただの補助以上に優秀な錠剤青汁

そこで開発されたのが錠剤タイプの青汁です。錠剤ともなると液体としての飲み物として青汁からかけ離れてしまっている印象ですが、ただの錠剤とは違います。

青汁の錠剤はいずれも栄養素を飲み物としての青汁に近付けており、物によってはほぼ同等の栄養価があると評価されています。粉末以上に持ち運びが楽で、さらに摂取する場所も選ばないとなると、出張などにも気軽に持ち運べる手軽さでは青汁の形態の中でも断トツでしょう。

しかし、どの形態にも一長一短があるように、錠剤ゆえの欠点も無いわけではありません。錠剤の青汁は栄養素こそ近くても液体に比べて吸収が遅く、その真価が発揮されるのが遅かったり、液体に比べて十分な効果が出ない場合があります。そこはやはり持ち運びを楽にした一方での欠点なので、消化吸収されるタイミングで飲むように心がけましょう。

時代は変わり青汁まで錠剤化されていますが、効果に関しては青汁は安定の信頼性を誇っています。ご自分の生活に合わせた形態を選び、健康の助けとしましょう。

健康が気になる女性注目!女性の為に作られた青汁をご紹介!

男性以上に関心が強い女性への健康の意識

健康というのは私たちにとってかけがえのない物ですが、乱れた食生活、特に野菜不足に関する健康が危ぶまれています。野菜が不足する事は健康に悪いのは誰もがご存じだと思いますが、必要量の野菜を摂取し続けるのは難しいですよね。
(⇒野菜不足を青汁で解消するには

そして野菜を摂らない事で発生する悪影響に敏感なのは、やはり男性よりも女性が顕著です。女性には月経を始めとした複雑な体のサイクルの変化があり、不規則な生活への耐性は男性よりも弱いと言えます。

さらに野菜を摂らない事は女性の体質から考えても明らかに悪い状態に進行してしまう事が予想され、それゆえに美容も含めた健康の話題には女性は敏感なのです。
(⇒青汁で美容を保ちつつ健康になるには

青汁の女性に嬉しい点を探す

野菜由来の豊富な食物繊維を含む事から分かる通り、女性に嬉しい内容なのはご存じですね。中にはお菓子の代わりになるようなジュレタイプの青汁もあり、青汁業界も女性、特に若年層までに気を配っているのが分かります。

青汁に含まれている成分で摂取して問題になるような物はありませんが、青汁の製品によって種類が異なり、内容成分、それに伴う女性に欲しい栄養素の有無があります。となると、女性の方はやはりより女性に向けられた青汁をチョイスしたいですよね。

女性の視点で作られた青汁を選ぶ

女性であれば悩みどころは、これからの季節なら冷えによる生理痛の悪化、乾燥による肌へのダメージがあります。となるとそこにスポットを当てた青汁が欲しいですが、どの栄養が良いのか調べていると選ぶのも大変です。

そこでマイケアの楽・月・花という青汁が女性には特におすすめかもしれません。この青汁の最大の特徴は女性の体のサイクルに合わせた効果を厳選しているという事です。

主に狙っている効果に体を温める、血の巡りを良くするというのがあり、もちろん青汁らしい豊富な鉄分があり、月経に悩む女性にかなり強い効果が期待できます。食物繊維も十分含まれており、便秘対策もバッチリです。

このように、他にも女性に向けた青汁はありますが、マイケアの青汁は特に女性視点で作られた点を予めプッシュしていますので選びやすくていいですね。寒い季節の訪れで女性には辛い季節ですが、青汁を飲んで元気に春を迎えましょう!

まるでお菓子!?美味しく健康的なジュレ青汁の魅力に迫る!

青汁にも美味しさが求められる時代

健康に機能する食べ物というのは、その多くが味に難がある物と言えます。もちろんその味がお好きという方もいらっしゃいますが、一般的には好まれる味とは言えず、それもあって健康ブームと言えど倦厭される存在になっています。

青汁も昔はまずいけど健康に良い物としてその存在を誇示していましたが、もしも今も各社から発売されている青汁が昔ながらの物だったら、もしかしてここまで普及している事は無かったかもしれません。

今の青汁についてご存じ無い方は今でもまずいままと思われるかもしれませんが、時代は大きく変わり、青汁にも一定かそれ以上の味が求められる時代になったのです。

青汁の美味しさへの取り組み

昔の青汁の味は苦くて青臭いという、はっきり言ってしまえばまずいと言える物でしたが、今の平均で言えば、その味は一部の昔ながらの青汁がお好きな方向けに作られている物であり、一般向けの青汁ではありません。

大部分の方に愛されている青汁の味としては、抹茶の風味に近いと言えます。これは青汁の原材料がケールだけでなく大麦若葉からも青汁が作られる事になった傾向とも言え、大麦若葉が栄養価でも風味の面でも優れている事が良くわかりますね。もちろんケールの方が優れている面もあり、お互いに今でも青汁の原材料として活躍しています。

しかし、それとは違う次元で美味しさにこだわった青汁、その形態があります。もはやここまで来るとお菓子と言えますが、それでも青汁の効果にこだわった新しい存在です。

ジュレタイプはあなたに美味しく青汁を届けます

ジュレタイプの青汁がある事をご存じですか?ジュレと言えば近年調味料をゼリー状にしたものが思い浮かぶと思いますが、まさしくそれは青汁に置き換えた物と考えていただければいいでしょう。

ジュレタイプの青汁の特徴はそのゼリーのような形状そのまま、お菓子感覚で食べられる事です。青汁とは思えないフルーティーな味が魅力的で、今まで工夫していた青汁のお菓子のレシピがゼリーとして出てきた印象ですね。

さらに味が優れているだけでなく、コラーゲンと言った栄養素も含まれており、さながら美容の為の食品としても使える為、女性にもダイエット時のお菓子代わりとして人気急上昇中の逸品となっています。

女性に嬉しい面が目立ちますが、男性にとっても手軽さという点では十二分に魅力的です。既存の青汁にも満足できなかった方、是非お試し下さい!

選べる嬉しさ!山本漢方で青汁を飲み比べてみよう!

青汁は原材料により効果もやや異なる

青汁には共通して健康には良いのですが、様々な原材料が使われるようになった今、一口に青汁と言っても説明する事は難しくなってきました。

もちろん様々な青汁が出る事で各社の創意工夫も活発化し、私たちの選択肢が増えたのは事実です。選択肢の増加は悩みも生みますが、それ以上に様々な効果を当て込める事にもなりますね。

原材料が違う事は青汁には変わりなくとも、その効果には影響します。まずは代表的な原材料を簡単に説明します。

原材料とは選択肢である

青汁と言えばケールと呼ばれるように、苦味と青臭さがありながらも、その優れた栄養価で原材料としての人気は衰えていません。ケールにこだわる青汁メーカーと言えばキューサイが有名ですね。原材料と合わせてメーカーも元祖と言える存在感、信頼感があります。

次に有名なのは青汁を飲みやすくした大麦若葉ですね。栄養価を可能な限り損なわないようにしつつも抹茶のような味わいを生み出した原材料として人気が高く、メインで使われている事も多々あります。この大麦若葉をメインで使っているメーカーも多いですが、飲みやすい青汁を作っているという点ならえがおが有名と言えます。お手ごろな価格も嬉しい点ですね。

このように、メーカーでは大体メインの原材料として使っている物は一種類だけで、メーカーを選ぶ=原材料を選ぶという事になります。もちろんそれでもいいですが「同じメーカーから二種類の原材料の青汁を買って飲み比べてみたい」という方もいらっしゃることでしょう。

山本漢方の選べる青汁

それでしたら、一度山本漢方の青汁の種類を見てみる事をお勧めします。一度ラインナップを覗かれればお分かりになりますが、目立つ点としてケールと大麦若葉、その双方で作られた青汁が並んでいる事です。

他のメーカーのサイトなどを見れば分かりますが、大体は一種類かその青汁に別の成分を足した物であり、主成分を変えたバリエーションまで売っているところはあまりありません。それどころか桑の葉青汁まで選択肢に入れられるメーカーは稀で、それも販売実績まで備えるところとなると、山本漢方以外はなかなか見つかりません。複数から選択したい方は是非一度サイトに向かってみて下さい。

選択肢が多いという事は選ぶ判断力が必要になりますが、同時に自分に合った物を選択できる自由があるという事です。飲み比べるには最適なので、自分に合った青汁をしっかりと探していきましょう。

万人にオススメできるメーカーと言えばココ!えがおの人気の理由とは

続けられる全ての要素を持った青汁とは

どんな優れた栄養があっても青汁は続けられなくては意味がありません。健康になる為には多かれ少なかれ継続して続けないと効果が出ない物でして、むしろすぐに効果が出ると謳われているのは、私の経験上ほとんどがデメリットを内包していると言っていいでしょう。

そうなると続けられる青汁を選ぶという視点と心意気が大切です。具体的には
・飲んでいて苦にならない味。
・必要な栄養価は揃っているか。
・国産で無農薬であるか。
・値段は生活を圧迫しないレベルか。
という点ですね。そうした要素を持ち合わせる会社は少なく、どれかの要素をある程度は妥協しないといけないように思えます。

それらを兼ね備えたえがおの青汁

しかしえがおの青汁はそれらの要素を高い次元でキープしており、あらゆる青汁の中でもかなりの継続性、満足度を誇っています。以下に挙げる点が特に魅力的です。

まずはその値段ですが、一箱あたりの値段が相場の中でもお手頃で、尚且つ安すぎないレベルで収まっているので安心です。むしろ含まれている栄養素も考えればかなりお買い得と言えるでしょう。
(⇒青汁の相場を知る

そして推奨される回数もポイントです。他社青汁は大抵一日二回程度は飲む事を推奨していますが、えがおの青汁は一日一回が推奨されており、飲み忘れ防止や生活への取り入れの際の負担、何よりは一箱でちょうど一か月分相当というランニングコストの素晴らしさが際立ちます。続けていくにあたり負担が多いと結局折れてしまう事が多いですが、えがおの青汁なら難なく習慣化できるという方も多いでしょう。

顧客にえがおを与える会社

そして青汁の性能だけでなく、応対も良いのがえがおの魅力です。えがおの青汁を頼むと一緒に届くのが、自社の青汁の成分やこだわりなどを記載したパンフレットやオマケとも言える自社のサプリメントなど、購入者への気配りがありがたい物で溢れています。

さらに購入後にも別途感謝の手紙が送られてきたり、質問には電話メール問わず親切な返答がありますので、アフターケアも万全です。青汁から会社の応対まで、初心者でも安心とも言える部分が非常に魅力的ですね。

えがおという会社名に恥じることなく、本当に顧客を笑顔にしてくれる気配りがあるメーカーです。私個人としても最初は笑顔の青汁から導入してもらう事を強く推奨いたします。

味も大切!美味しい青汁を選ぶモンドセレクションとは?

青汁の魅力と価値

青汁は第一前提として、健康面で優れているか否かがあります。どんなに他が優れていてもここが台無しなら選択基準にすら入らず、健康被害などを起こせば大問題であり論外です。私たちも自分の体調に合わせて選択するようにしましょう。
(⇒青汁を安全に飲む注意点

次に青汁の価値が決まるのは販売実績と言えるでしょう。実績というのは先に挙げた健康面で優れているかどうかによって信頼が生まれ、そこから確実に積み重なって出来上がる物です。名実共に揃う事で青汁は始めて安心して選ぶ事が出来ます。

認められる基準は他にもある

そうした時間による積み重ねが大事ですが、青汁の良し悪しを判断しているのはユーザーだけでなく、外部機関なども試しており、特に味に関する評価にあたっては非常に多く、青汁が単なる健康食品というだけでなく一つの食品としても認められてきた証拠ですね。

現に青汁を使ったレシピも積極的に公開され、すでに料理の隠し味やお菓子の味付けなど、便利に使う事が可能になっています。粉末タイプの青汁なら簡単に溶けて足すのも簡単なので、様々な用途に使えます。

こうして味が進化しているとなると、まだ購入されていない方は「どうせな美味しい青汁が飲みたい!」とお思いになるでしょう。味というのは個人の味覚によって全然違い、レビューなどを見ても難しいかもしれませんが、特定の認可などがあれば分かりやすいですよね。

受賞経歴の青汁の実力

モンドセレクションという言葉を近頃目にする事があると思います。これは食べ物や飲み物に送られる賞の一つで、味だけでなく品質、デザイン、包装などに至るまで審査された名誉ある賞で、これが受賞されている商品は買う前の参考として十分な存在感がありますね。

青汁で受賞したと言えばシャインのグリーンライフパワーなどが有名ですね。受賞するだけの事はあり、熱を加えずに搾り立てのまま粉末にしたというその味はまさに新鮮なままの青汁であり、栄養素が活きている事もあって栄養面でも優れた評価があります。

このように、食品を評価している機関の受賞歴などを参考にすればより美味しい青汁と出会う事が出来ます。美味しい青汁は継続の面で見ても有効なので、探してみる価値は十分です。

背に腹は代えられない!?ちょっとの癖で絶大な効果がある青汁とは!

青汁の進化

青汁がとても飲みにくかった時代から変わり、今では味の向上と共に様々な工夫がされるようになってきました。時代の変化というのは早いようでもしっかりと積み重ねてきたものがあり、振り返ると偉大な功績もたくさん見つかるでしょう。

青汁は変わる事でその栄養価を損なう事無く、飲みやすくより健康に良く進化しました。中には健康よりも味に重きを置いた物もありますが、青汁製品の大半は健康に効果があると言っていいでしょう。

飲みやすさにばかりが目立つ進化に思われがちですが、実際には実用的であり、それでいて硬派な進化を遂げている物もあります。

昔ながらを守る青汁

青汁に使われているケールはそのままだと非常に苦い上に青臭いという特徴がありますが、青汁元祖のキューサイにも見られる通り、ケールを使ったとは思えない爽やかな味に仕立てていたり、製法を工夫して飲みやすい調整を加えるのが一般的です。

しかし、どんな味でも好みがあるように、青汁の昔ながらの苦みを好む方や「苦くないと効果が無い気がする」という方向けに、青汁独自の味を残している商品がまだ売れているのも事実です。ただ美味しくするだけが正解では無いのが分かります。

そしてケール100%じゃなくとも飲みにくくも健康に特化した青汁があるのも事実です。もしもどんな味でも飲める自信があるなら、それらを試すのも健康面で良いかもしれません。

苦くとも体に良い物ばかりを集めた青汁

ダイレクトテレショップの青汁三昧は実用的な進化を遂げた青汁と言える特徴があります。最大の点としては青汁でお馴染みの大麦若葉やケールだけでなく、主成分にゴーヤまで追加した事ですね。

すでに名前を聞くだけで苦味が口に広がりそうですが、ゴーヤは栄養価に優れているのは有名な話で、沖縄名産で沖縄に住まう方が長寿な事の理由の一つに挙げられるくらいなのです。当然元々体に良い青汁に混ぜればさらなる栄養価アップが見込め、この青汁三昧は三種の野菜の栄養が余すところなく詰まっていると言えるでしょう。

そして飲みにくいとは言ったものの、それは美味しい青汁に比べての事で、昔の青汁に比べれば格段に飲みやすく、今の主流の青汁に比べて若干癖がある程度にとどまっています。普通の青汁を飲める方ならそこまで苦にはならないでしょう。

味は非常に大切ですが、良薬口に苦しは今でも当てはまる部分があります。時には効果を見込む為に味を二の次にすることで、あなたの健康に青汁が大きく寄与してくれることでしょう。

新鮮な野菜を丸ごとあなたに!液状青汁から伝わる生野菜の息吹!

野菜の栄養素が活きるタイミング

あなたの生活に野菜は足りていますか?こうして聞くと「野菜ってどれくらい摂取すればいいんだろう?」と思い、その摂取量を調べてみた方も多いでしょう。そして出てきた量に唖然とした事があると思われます。

その事からも分かる通り、私たちの生活においては野菜は常に不足気味と言って差し支えありません。こうして記事を書かせてもらっている私ですら普通に摂る分には野菜が不足気味だと感じており、十分な量、それも生野菜となると気が遠くなります。
(⇒足りない生野菜の栄養は青汁で補う

この事から分かる通り、私たちに必要な栄養素は野菜、それも食べにくい物が多いとされる生の状態から摂取できるのです。

不足する生野菜の補助には青汁が活きる

野菜不足が謳われながらも、実際の野菜の物量を生の状態から摂取するのは一日というスパンで見ても、かなり無理があると言える量といえ、仕事に忙殺される現代社会においてはむしろ手軽なジャンクフードが好まれ、野菜とはますます遠ざかっていると言えるでしょう。
(⇒忙しいあなたが野菜を摂る為に飲む青汁の効果

生野菜と言えど食べるのにはある程度の準備が必要ですし、品目を揃えるのも手間がかかります。そこで複数の野菜を、それでいて生野菜に近い量の栄養を補給できる青汁を生活に取り入れてみましょう。

青汁は一日の始まりに一杯という調子でお手軽に、素早く生活に習慣化させる事が可能で、続けて飲む事で堅実な効果を出してくれるのが負担が少なく嬉しい点です。

生野菜の効果を期待するあなたに勧める液状青汁

そして青汁には状況に合わせた様々な形態が用意されています。一般的に青汁と言えば粉末タイプがメジャーですが、より自然の恩恵を受けたいなら、液状タイプを選ぶのもいいでしょう。

生野菜から摂取したい栄養素として酵素という栄養素があります。酵素は青汁に含まれている物もありますが生野菜の状態が一番活発とされ、この酵素を摂るには生野菜に頼らざるを得ないのがある程度の常識です。

しかし、青汁のバリエーションはその点にも目を向けており、青汁の形状の中には液状タイプと呼ばれる、冷凍庫で普段保存しておくパック入りの物があります。

この液状タイプは粉末に比べれば収納性や保存期間において劣る面がありますが、粉末タイプ以上に生野菜の状態からの栄養を閉じ込めており、新鮮さという意味では青汁の中でも一つ頭が飛び抜けています。保存には少々スペースに余裕が欲しいですが、飲む際には解凍するだけでいいので、手間は予想よりも少なかったりします。

生野菜の力が活きる形態にこだわるなら是非試してみましょう。新鮮な野菜があなたの体を変えてくれます。

まずはこれから始めよう!バランスのいい粉末青汁の特徴!

青汁には様々な形態がある

健康機能食品としてすっかり私たちの生活に浸透してきた青汁ですが、皆さんは試された事はありますか?青汁は定期購入から始めるのがお得ですが、いきなり試した事が無い物を長期的に購入するのは難しいですよね。まず初めは数日分が無料で試せるサンプルをもらうなどして、続けられるか否かを考えてから購入を検討するのもいいかもしれません。

また、そうしたサンプル取り寄せでの検討をするなら、同時にどのような形態の物が来るのか確認しておきましょう。ここからすでに青汁の選別が始まっていると言っても過言ではありません。

「青汁って言うくらいだから液状の物だけじゃないの?」と疑問に思うかもしれませんが、確かに飲むという形態としては液状にしてから摂取するものがメジャーですが、青汁も健康機能食品として摂取のしやすさ、嗜好を考えて試行錯誤を繰り返している結果、様々な派生を生み出しているのです。

例えばこのような形態

青汁と言えばやはりあのグリーンの飲み物が真っ先にイメージされますよね。実際それが形態としては最も普及しており、水などに溶かして飲む粉末、普段は冷凍にしておいて飲む際に解凍する液状青汁が飲み物として該当されます。

次に飲みやすさに特化した物としては錠剤タイプの青汁があります。一見して青汁と呼べるかどうか悩む形態ではありますが、持ち運びや味の面から手軽さにおいては随一ですし、忙しい人に向けた一つの形としてこちらも人気です。

他にも変わり種としてはまるでゼリーのようなジュレタイプの青汁もありますが、まずは最もスタンダードな粉末の特徴について簡単にご説明します。

最も多く、そして扱いやすい粉末タイプの青汁

今世の中で最も出回り、最も使われているのが粉末青汁です。これは青汁の原材料を栄養はそのまま、保存性と収納性、作りやすさまでバランスの取れた形態で、よっぽど飲み物という形態に抵抗が無いなら、私としても一番オススメとなります。

作り方は簡単で粉末をコップなどに開けて水を入れて混ぜるだけ、粉末と言えど有名メーカーの青汁は冷たい水でも溶けるので安心して作れます。牛乳などで作る事も出来、料理などに混ぜるなど汎用性も高く、一人暮らしからご家族まであらゆる状況に嬉しい青汁です。

さらに一度に一本、必要な分だけ作れるし、水の量などを調整できるのも魅力です。扱いやすく無駄が無い、栄養価も摂取しやすい一番バランスのいい青汁と言えば粉末です。まずは最初はこの形態から取り組んでみるといいでしょう。

1