青汁を変えた大麦若葉の魅力について

青汁を変えた存在!大麦若葉のあまりにも魅力的な点を徹底追及!

青汁の原材料としてよくプッシュされているのは野菜の王様とも言われるケールですね。非常に苦味が強く有名なCMにも言われている通り「まずいけど体に良い」のが特徴的で、青汁の存在価値を決定づけた野菜と言えます。

ですが、近年においてはそのケールに並び、それでいて飲みやすさ向上による青汁のさらなる普及に貢献した立役者的存在の野菜をご存じですか?健康に良いとされながらも圧倒的な味の悪さゆえに、知名度とは裏腹に普及率が伸び悩んでいた青汁を浸透させたのですから、青汁と言えばこれ!と言う方も多いです。

それは大麦若葉という野菜です。数年前においては名前を聞いてもピンと来なかったかもしれませんが、青汁について調べた方なら様々な青汁販売サイトでこの野菜の名前を耳にされたかと存じます。それほど、この大麦若葉をメインに据え置いて青汁を作っている会社が多いのです。

この大麦若葉の最大の特徴であり青汁を飲みやすくした魅力として、その味に注目されます。というのもきつい苦味と青臭さを誇るケールに対し、この大麦若葉は風味豊かな香りに加えて、まるで苦味を取り除いた抹茶のような味に青汁を仕立ててくれるのです。

抹茶と言えば日本でも多くの方が好まれている味で、さらに本格的な抹茶に含まれる苦味が無いとあって、水に溶かして飲むだけでも昔の青汁にあった「まずい」という印象を「美味しい」にまで変化させたのです。私の愛飲している青汁も大麦若葉とケールを配合した物なのですが、苦いのが苦手な私でもゴクゴクと抵抗無く飲んでしまう、さわやかな風刺の青汁なのです。

栄養素としてはやはり野菜の王様として尚君臨し続けるケールに総合面で劣りこそすれ、コレステロールに効くとされる栄養素のヘクサコシルアルコールを多く含むと言われます。この成分は腸管からコレステロール吸収を抑える働きがあり、現代の野菜が少なく高コレステロールの食生活において、縁の下の力持ちとなる存在と言えるでしょう。ケールが含む栄養素と比べても数値で劣っても同様に備えている物も多く、ケールと大麦若葉の双方を使う事で互いの利点を活かした青汁も非常に増えてきました。

さらに向上した味は青汁として新たな恩恵を生みました。それは料理に足せる癖の無さと味わいです。特に抹茶味とあってはホットケーキといったケーキ類とのお菓子に一足ししても美味しく、よくある飲み方として牛乳に混ぜる事により、栄養価を向上させながらも抹茶ミルクのようなまろやかでお子様にも嬉しい飲み物となります。このように、青汁の新たなバリエーションとしての地位を作り上げた大麦若葉の存在はケールと並んで賞賛されるべきでしょう。

このように、大麦若葉を使っている青汁には魅力的な要素がたくさんあります。初心者の方はまずケール100%のような癖が強い青汁よりも大麦若葉製の青汁を選び、無理なく続けられるように始めてみましょう!