青汁の効果や効く症状

記事一覧

あなたは知ってた?青汁が風邪に免疫を持たせる効果の真偽!

風邪は引く前の対処が大事

私たちの周りには目に見えないウイルスがそれこそ数え切れないほど存在しており、そしてそのウイルスが引き起こす状態異常が一般的に総括されている風邪と言われている物です。

風邪と言っても実際は毎回違うウイルスに感染しており、人間の体は一度でもそのウイルスに感染すれば、二度目は抗体が出来上がっているので感染する事はありません。そうなると一度はどんな風邪にも感染しないといけない…そう思われていませんか?

風邪を引きやすい人とそうでない人がいらっしゃるように、風邪は予め対処を施しておく事で風邪の感染事態を防ぐ事も可能なのです。では、どうすれば風邪を引かない体質となれるのか?

風邪を引く前に対処したいなら免疫力を高める

抗体と同一に考えられやすいですが、免疫力は風邪を引く前から発揮されている、風邪を引きやすいか否かを決める重要事項です。これはすでに遺伝子レベルからある程度決まっているように、よく子供においても風邪を引きやすい子と引きにくい子が居ますが、恐らくは親から遺伝した免疫力が優れていたと予想されます。とはいえ幼いうちの差は生涯に渡って影響を与えるかどうかと言えばそれも違い、幼い頃に風邪をたくさん引いた子がかえって抗体面で優れている事もあるのです。

とはいえ、免疫力は高くて困る事はありません。子供であるならやはり苦しむ姿を見るのは親御さんにとってお辛いでしょうし、自分に出来る事はしてあげたいですよね。そして大人も同様で、今も世界で新しく発見されているウイルス性感染症があるので、大人になったからといって油断はできません。

一般的には体力を付ける為に運動する、手洗いうがいを行うなどありますが、食べ物によっても免疫は付けられるのをご存知ですか?そしてより効率が良い方法です。

青汁で風邪を引きにくくする

規則正しい生活には栄養バランスに優れた食事がつきものですが、その中でも免疫力にスポットを当てるというのは難しく、栄養士の方でも無いと完璧に摂取させるのは難しいです。ですが、青汁を飲めばその効率を大幅に向上させられるのです。

食べ物で風邪を引きにくい体にするには、免疫細胞と呼ばれる風邪に対抗する細胞を活性化させないといけません。このように一言で言ったとしてもそれだけを狙うのは難しいですし、それ以外を蔑ろにしてもいけません。

ですが青汁には免疫細胞を活性化させつつその色合いに相応しい緑黄色野菜の栄養分も備えているので、体自体に必要な栄養素を摂りつつ風邪にも強くなれるのです。そもそもそうした自然からの栄養素を摂る事は体自体を強くする事と同義であり、細胞だけで見なくとも効果的なのがよく分かりますね。

大人だけでなく青汁は子供の成長にも嬉しいので、是非ともお子様が小さい頃からご両親も一緒に飲んでもらう事により、家族みんなで簡単に、手堅く健康に取り組めます。親は子供の為に、子は両親の為に、いつまでも健康でいたいですね、

加齢と共に訪れる高血圧!解消してくれる青汁にはこんな力があった!

どうして高血圧は年齢と共に上昇するの?

ご高齢になるに従い、血圧が上昇傾向になるのは何故だかご存じですか?高齢者の方の中には高血圧が原因の病気で亡くなられている方も多く、野菜不足で高コレステロールの食事があって、今では若年者ですら危険性が忍びつつあります。

そして最も高血圧のリスクが上昇する高齢ゆえの特徴は何なのか。それはひとえに血管が関係しているのです。

血液というのは私たちの体を動かす源で、血管はそれをスムーズに動かす事が役目です。しかし年齢を重ねるとこの血管は萎縮し、血流の流れが悪くなります。ホースから出る水の流れをイメージしていただけると分かりやすいですね。流れが滞ればその分通過時の圧力が高くなり、それが高血圧へと繋がるのです。

つまり高齢化に伴い血管が萎縮するのは仕方がない事であり、高血圧が増えるのは自然な流れです。ですが、対策方法が無いわけではありません

血管を広げて血流を改善するには

血管が萎縮し血流が滞るなら、最も分かりやすい方法は血管を広げて血流を良くする事です。これは非常に悪化した状態なら投薬による治療が視野に入りますが、血液に関わる薬はリスクも大きいので、生活から改善していくのがベストです。

主に食事内容を見直す事から始まります。食事は当然脂質と塩分を控え、十分な野菜を摂取する事が優先され、さらに水分も血液の流れを良くする為には必須です。

しかし、十分な野菜と言っても血液に特に有効な野菜を選定しなくてはなりませんし、水分も摂ろうと思っても普通の水なら飲むと言っても限度があります。そんな中思う事は「血圧を下げる為に有効な成分を的確に、手軽に摂りたい!」に尽きますよね。そしてその為に有効な手段があります。

血管にも血液にも有効な青汁を飲もう

それは青汁を飲む事です。青汁を飲まれた事の無い方は青汁が血液に有効かどうか皆目見当もつかないかもしれませんが、実は青汁には有効な成分がたくさん含まれているのです。

まず青汁には血管改善の為の栄養素でもあるカリウムが含まれています。カリウムの働きは有効手段とも言える血管を広げる効果そのものがあり、さらにはカリウムの働きを助けるミネラルも保有されており、相互において血管改善を促進してくれます。

そして現代人の悩みでもある野菜不足の解消のサポートも青汁は支えてくれますし、青汁には血液自体をサラサラにしてくれる働きもあります。こと体に関してはこれほど自然で有効な飲み物も少ないと言えるくらい優秀です。

血は私たち人間の健康の大きな指針です。その流れも濁りも取り除く飲み物の青汁を始めて、いつまでも血液と共に健康でありましょう!

理想のサラサラの血液は青汁で手に入れる!綺麗な体は内側から!

体は内から綺麗にする

綺麗な体、というと主に美容面での事に聞こえますが、確かに美容にも関係していますが、何よりは健康面における綺麗な体と言うのが大事です。
(⇒青汁が与える美容への効果

この事から体を綺麗にするには内部、体の内から変えていく事が必須です。内側が変わる事による外側の変化は大きく、ダイエットを行う際にも体内部を変える事が正しいダイエットの形として推奨されています。
(⇒体内から変える青汁のダイエット効果

内側を変えるにはどこを変えればいいのか?健康に対しての知識が豊富な方なら大体予想されているかもしれませんね。

血液を綺麗な状態にする

身体の内部には至るところに血液が通っていると言っても過言ではありません。血液が綺麗な状態というと医学的な用語に聞こえそうですが、一般的には『血液がサラサラな状態』と言うと分かりやすいですね。

血液がサラサラの状態という事は血液の流れが滞る事が無く、同時に血液自体の質が良好という事です。この状態であるという事は体の内側、特に内臓関連の働きが良好な事が多く、血液が私たちの健康状態、それも全身における大まかな指針となっていると言え、血液検査を行って状態を判断するというのも納得です。

しかし血液を綺麗な状態にするには現代に蔓延している高コレステロールの食事を避け、同時に不足している野菜を摂取する必要があります。また、水分や食物繊維を摂取して排泄を促す事が大切です。しかし全部を行おうとするとなかなか隅々まで行き届かせるのは難しいでしょう。

綺麗にする要素を満たした青汁が大事

様々な要素が必要な血液の正常化は様々な健康に関係する青汁が一番です。青汁を飲んで血液がサラサラになった、という意見は非常に多いのです。

青汁には血管を広げて血流を良くする効果があり、さらに排泄を促す食物繊維が含まれており、血液を綺麗にする要素が一挙に摂取できるようになっているのです。

血管を広げる事は血流を良くして循環を助け、正しい排泄は老廃物を外に出し、体から毒素を追い出してくれます。それらは全て血液を綺麗な状態に近づけ、血液がサラサラになる事で私たちの体は綺麗な状態になるのです。

どんな体の部位とはいえ、最終的には全て血液とその綺麗さに関わってきます。全体と血液の健康の双方に作用する青汁で健康を保ち、血液は常にサラサラの状態にしてあげましょう!

便秘でお悩みの女性必見!自然に出せる体質になれる青汁の魅力!

女性の方を悩ませる症状というのは多いですが、その中でも特に対策が難しいのが便秘ですね。女性であれば骨格などの違いにより男性に比べて圧倒的に便秘になりやすく、今も尚頭を痛めている症状の一つです。

便秘対策というのは実際数が多く、実行しやすい物が多いですが、簡単に実行できる物はどれも問題がある物が多いのです。水分を摂取する、と言っても水は一定量以上飲むのは苦痛ですし、薬で改善するにしても、薬品を使う事を嫌う方や体質に合わないと言った方が後を絶えません。

結局自然に無理なく治すのが一番ですが、この自然というのが口にする以上に難しく「それが出来るなら苦労しない」と、女性でこの記事を読んで下さっている方は感じてらっしゃると存じます。もちろん、何もしなくても治るなんて事はありません。

しかし可能な限り自然に近く、同時に無理の無く導入の敷居が低い方法があります。それは野菜を摂る事、すなわち青汁を飲む事です。

野菜が便秘に良いのは水と同じく周知の事実ですが、野菜が便秘に良いと言われているのは生野菜に食物繊維が含まれているからです。食物繊維は私たちの体の老廃物を外に出す効果があり、有り体に言ってしまえば食物繊維が便通を改善してくれると言えます。しかし生野菜で食物繊維をしっかり摂ろうとした場合、かなりの量の野菜を食べなくてはならず、結果として食事が野菜ばかりに偏ってしまいます。

しかし青汁はコップ一杯でも食物繊維を多く含む為、生野菜を大量に食べるという負担を大幅に軽減してくれます。青汁は昔と随分違って飲みやすく味が進化しているので、生活の一部に取り入れる物としては負担が少なくて嬉しいですね。

そして便秘解消に重点を置くなら、青汁に使われている主成分にも注目です。青汁はケールばかりが目立っていた時代と違い、大麦若葉を始めとした他の青汁が目立ってきています。そして便秘解消にオススメの主成分はケールの物が特に優れています。理由は簡単で、他の原材料に比べてケールは食物繊維に優れている特徴があり、それに由来する効果を期待するなら当然保有量が多いのに越した事はありません。

そして形態も出来れば粉末タイプの青汁を頼んでおくといいでしょう。収納の楽さに加えて水に溶かして作るというのがポイントで、同時に水分も摂取できるという事は便秘に少なからずプラスとなるでしょう。

このように、便秘に悩んでいる方で「自然に出したい…」とお悩みの方は青汁を是非お試しください。薬のように劇的に効果が出るとは言えませんが、体に負担をかけない、むしろ健康に自然に出せるようになりますので、無理をしたくない方に特におすすめです!

がんに立ち向かう全ての方に捧げたい、青汁を取り入れた療法

今尚私たちを苦しめる大病

現代医学の進歩と共に治せない病気は減り、日本は中でも先進国として世界屈指の長命国となりました。少子高齢化が進むものの国民としては嬉しく、未来への展望も明るいですよね。

しかし、そんな我が国…と言うよりも世界各国において、古来から今に至るまで、人々を悩ませ続け、病気による死亡の多くを占める難病があります。

それはがんですね。がんと言うのは部位によって重病度が異なりますが、共通して言えるのは放置すれば死に至る病であり、発見が遅かったり、さらに部位によっては摘出自体が不可能だったりと、完治が困難、或いは不可能とされる恐ろしい病気なのです。

未だに見つからない有効な治療法

がんというのは発症の確率に加えて治療の困難さ、及び他の部位への転移が挙げられます。今では男性で言えば四人に一人ががんで亡くなられているという事、放射能などのハイリスクな治療を行っても完治しにくい事、一か所だけに留まらない事…どの要素をとって見ても大病である事が分かります。

そして広まる原因には、私たちの生活習慣、それも食事に関わる事が非常に大きく関連していると言われています。特に飲酒や喫煙がリスクが高いですが、脂質の高い食事からの肥満、野菜が不足する事での生活習慣病などもリスクを高めているのです。

飲酒や喫煙は嗜好品なので止めるのは難しい、苦痛だと思われるかもしれませんが、そうなるとせめて野菜不足を改善していきたいですよね。野菜を摂る事はがんの予防以外にも様々な面で役立ち、健やかな毎日を手助けしてくれます。

青汁は野菜不足だけでなくがんも抑圧する

野菜が不足する現代人に一番的確な栄養をくれるのはやはり青汁の存在です。青汁は野菜不足の生活習慣を整える事が一番の目的ですが、それだけではがんへの効果を心配される方向けの不安を解消する事は出来ません。

ですが、青汁は実はがんへの効果もある程度認められており、特にその予防面において力を発揮してくれるのです。

がんに効果があるとされる栄養素はビタミンのAとC、そしてβカロチンと食物繊維が主な抑止力として効果があるとされています。これらを的確に日々の食事に盛り込むのは難しいですが、青汁ならばこの栄養素を全て備えている物が多く、無理なくしっかりと摂取できるのです。
(⇒青汁に含まれる食物繊維の力

基本的にはがんになる前に普段から飲んでおいて備えるのが目的となりますが、実際はがん患者の方の中には青汁を飲んでから「進行が止まった」とおっしゃる方も居るように、予防策だけでなく治療に盛り込んでも効果を発揮してくれる場合があります。決してがんになったからと諦めてしまうのでは無く、自分に出来る事を、青汁と一緒にまずは始めてみてください。

気になる体臭は青汁でケアを!生活習慣から変えていく自然の力!

気になるその体臭、原因はどこに?

男女問わず、特に暑い季節となると気になるのはご自身の体臭ですね。特に加齢に応じて人間は加齢臭と呼ばれる独特の体臭を放つ事があり、匂いのケアは女性はもちろん、今では男性にもエチケットのように浸透しています。

人間の臭いとは何が元となっているのか?暑い季節と申しましたようにその時点でお分かりかもしれませんが、やはり汗の存在が気になる臭いを生み出している事が多いですね。

汗とは分泌物でもあり人間が生きていく上で出ないと困るのは事実なのですが、気になるのは汗は汗でも臭わない人とそうでない方が居る事では無いでしょうか?調べてみると、実に理に適った理由があったのです。

臭う汗の正体

汗は排便や排尿と同じく、体の老廃物を排出する役目があります。従って汗を掻くという事は体の中をリフレッシュする役割があると言え、運動などで積極的に汗を流す方は老廃物などが溜まりにくい体を作っていると言えますね。

では、その逆であればどうなのか?例えばほとんど動かない、汗も掻かない方がいらっしゃったとして、その方の汗が分泌される汗腺はどのような状態になっているのか?

汗腺から汗となって老廃物が出るなら、当然汗を掻かないなら汗腺に老廃物が溜まってしまい、そして汗を掻いた時に一気に溜まった老廃物が噴出され、それが臭いの元となっているのです。

さらに言うならあまり運動をしない方は栄養過多により血液が濁っている場合が多く、そうなると当然老廃物も増え、汗を適度に掻いていても臭う事が考えられます。そうなると、私たちの根本とも言える血液の改善も必要になります。

体臭は青汁の力で内から改善

身体の老廃物を減らすなら本来必要な野菜の栄養を摂る事が大切です。それも自然な物を摂る事で排出されず、効率良く体に浸透させる事が出来ます。その対策として青汁はいかがでしょうか?

青汁には血液をサラサラにしてくれる効果がたくさんです。野菜自体が血液の質を向上させますが、中でも青汁に含まれるカリウムは血管を広げる効果があり、濁って流れが悪い血液の働きを緩和してくれます。

そして他にも青汁には葉緑素と呼ばれるお茶由来の匂い消し効果が期待されています。特に緑茶をブレンドした青汁ならこの特徴も顕著で、ゆっくりと葉緑素が体を巡る事により、口臭と一緒に体臭も緩和してくれるでしょう。

体臭は体を巡る様々な要因が関係しています。生活を改善していくと共に臭いも抑えられ、青汁の効果で健康にもなれますので、無理せず長い目で匂いは変えていきましょう。

無理なく痩せるダイエットをしよう!青汁が支える自然な痩せ方を学ぶ

ダイエットと言えば一昔前では女性だけの物のような認識がありましたが、ただ単に美容という意味合いだけでなく生活習慣病が蔓延した現代においては、男女問わず関心が集まる話題となりました。

ダイエット方法と言えばそれこそ毎年様々な方法がテレビなどで騒がれては問題点が発生したり、科学的に効果が認められなかったりして廃れていくもので、流行に流されやすい国民性が本来もっと熟慮すべき健康面において振り回されるのは問題ですね。

そうした事から、結局はダイエットは適度な食事量、野菜中心の食事内容、体を壊さない程度の運動量に集約するように、自然な方法で痩せるのが健康にも外見にも良い影響を与えてくれます。自然以外の方法で痩せるとどこからかツケが回ってくるので、最終的には逆効果になる事だってあるのです。

そこで野菜中心の食事という点に目を向けてみましょう。野菜を中心に、とは言っても相当量の野菜を摂るのには計算が必要ですし、特にダイエットに効果のある野菜を選ぼうにも、野菜とは一見してどれもダイエットに良さそうなので、気が遠くなるような準備が必要となります。

ですが、青汁を皆さんはご存知ですか?ダイエットをされている方なら「青汁は病気の人が飲むんじゃないの?」と勘違いされていそうですが、青汁は元はと言えば野菜由来の物です。そうなるとダイエットに良い影響があるのは当然で、さらに青汁ならではの利点があなたのダイエットを支えてくれます。

ダイエットに特に有効な栄養素として食物繊維が挙げられます。これは食物繊維が便秘の改善、そして体に蓄積した老廃物を排出する効果がダイエットに有効とされ、これを摂る事で運動などをした際の効果を上げる事が出来ます。青汁は食物繊維に優れているので、当然ダイエットには大きな効果が見られますね。

そして食物繊維はカルシウムを消費するのはご存じでしたか?つまり食物繊維のみに偏った食生活ではカルシウムが不足し、無茶なダイエットが骨密度の低下などを招く事があるのです。しかし青汁にはカルシウムも十分に含まれている上に、昔と違って抹茶のような風味のおかげで牛乳に混ぜても美味しく召し上がれます。牛乳に混ぜる事はさらにカルシウムを摂取できるという事なので、美味しいだけでなく栄養価でも優れた結果となりますね。

ダイエットというのは自然に痩せられる環境、体質を作る事が一番大事です。青汁はそんなあなたのダイエットを陰ながら支えてくれますので、ダイエット後の健康を保つ為にもずっと続けていかれる事をオススメいたします。

女性のお悩み解消します!美肌を保ち続ける青汁のパワーに迫る!

女性の誰もが望む美しさとは?

女性は男性以上に外見を始めとした身だしなみに気を配っており、見えないところでも日々努力をしています。いつまでも若く美しくとは女性にとって永遠の課題とも言え、時に男性の理解に及ばないような取り組みが為されています。

若いその美しさを保つ秘訣として挙げられるのは、やはり美肌と呼ばれる状態になる事でしょう。女性にとってお肌のケアというのは非常に大事であり、肌の為のサプリメントや化粧品、挙句は日々の食事にまで肌の為の要素を見出す女性は非常に多いのです。

女性に立ちふさがる美肌への課題

しかし女性の美しさを求める心とは裏腹に、女性の体というのは美貌を保つ為の助けをしてくれず、むしろ女性の努力を妨げる要素が多いのです。

女性にとって悩ましいのが現代の野菜不足も含めた便秘ですね。野菜が不足すれば当然便通が悪くなりますが、人間の体の仕組み上女性は便秘に悩まされやすく、若い頃から高齢に至るまで、便秘ゆえに体が重くさらに老廃物が体に溜まる事による肌荒れに悩まされる事になります。

そして女性特有の生理現象でもある月経も野菜不足による生活リズムの乱れによって不順が起こってしまい、美容どころか日常生活にすら問題が出てきます。このように、男性の方が普段見ている女性の外見は、様々な問題に取り組んでいる女性の涙ぐましい努力によって成り立っているのです。

美しさのサポートに青汁を

とはいえ、無理な努力を続けていてはストレスも溜まりますし、いつかは無理の分だけツケが回ってきます。美しさを一日で築く事は無理でも、青汁を飲めば日々の負担を大きく減らしてくれるのです。

青汁には不足しがちな野菜による栄養分がぎっしりで、美容と言えばビタミン類、と言われるように、野菜由来の天然素材から摂れるビタミン類が豊富に含まれています。サプリメントを試してみたけど体に合わない、効果が無い…そんなあなたにも青汁の自然な栄養素は優しく浸透してくれます。

さらに野菜由来の豊富な食物繊維は美肌の天敵である便秘解消に大きく貢献してくれます。いつもなら数日おきにコロコロ…だった便通もすっきり、それでいて無理に出す事なくすんなりと排出されますので、あなたへの負担をここでも軽減してくれるのです。

美容に効果が良い物はたくさんありますが、健康を保ちつつ長く美しく居る為には無理の無い自然の力が必要です。自然の恩恵を凝縮した青汁で、あなたの美しさをいつまでも健康に保ち続けましょう!

生活に忍び寄る貧血の本当の怖さ!足りない鉄分を青汁で補う方法!

貧血が怖いのは女性だけじゃない

貧血というのは文字通り血が足らない状態です。そうなるとやはり月経の都合上血の消耗が激しいのは女性であり、女性は鉄分の補給が非常に大切です。
(⇒女性の不足しがちな鉄分補給は青汁で!

何かと貧血は女性に目立ちますが、かと言って男性が貧血にならない、なりにくいかと言うとそんな事はありません。むしろ男性が鼻血などで意図せず出してしまう血液の方が危ないとの見方もあります。

というのも女性の体というのは月経などがある通り、多少血液に関しては多めに作られるように出来ていますので、血液のストックにはある程度余裕があると言っていいでしょう。反面、男性には月経が無い代わりに余分な血は少ないとされ、今から説明する事もあって、男性の貧血も目立ってきています。

慢性的な野菜不足は鉄分不足と同義に

私たちの生活、その中でも食事に関する面においては肉から摂取できるタンパク質といった面では豊かになりましたが、同時に不足してきたのは野菜であり、野菜不足が招いてきた問題の一つとして、最初に申し上げた鉄分不足があります。

あなたは緑色の野菜をきちんと摂っていますか?緑色の野菜と言えばほうれん草を想像される方も多いと存じますが、そしてほうれん草のイメージ通り、緑黄色野菜には鉄分が含まれており、昔の日本人の方は菜食メインであったので、鉄分に事欠く事はあまり無かったとされます。その分栄養失調などが心配されていた時代とあって、今とは真逆と言える時代であったのが窺えます。

どちらの時代にも一長一短がありますが、現代においては野菜不足とそれにまつわる問題として鉄分不足も嘆かれており、生活に野菜を摂りいれる呼びかけが多発しています。

青汁で貧血を無理なく、楽しく治す

鉄分は血液生成に関わる栄養素とあって、毎日必要量を摂る事が特に推奨されますが、その為に摂らないといけない緑黄色野菜の量、そして好みが分かれる味とあって簡単にはいきません。緑の野菜は緑の飲み物、青汁で摂取されてはいかがですか?

青汁の色は緑黄色野菜の栄養素が作り出す色と言っていいくらい、本来相当量の物量で取らないといけない野菜の栄養素を含んでいます。そこにはもちろん私たちに不足している鉄分も含まれています。

さらにただ単に含まれているだけでなく、青汁には他の栄養素の吸収を助ける要素が含まれている為、鉄分の摂取も普通にほうれん草などを摂取するよりも吸収効率に優れているのです。

そして副次的な要素として、青汁自体の味が非常に飲みやすい、抹茶のような上品な味わいになっているのがポイントです。青汁粉末を利用したホットケーキなどのレシピに見られる通り、無理なく楽しく摂れるのも嬉しいですよね。

鉄分は必要で毎日摂取したい栄養素なので、無理なく楽しく摂れるに越した事はありません。青汁は毎日の摂取に心強い存在となってくれるでしょう。

辛い夏バテは青汁で吹き飛ばそう!暑さに負けない体を青汁で作るには

まだまだ暑い日々が続く中、皆様は元気にお過ごしですか?私は暑いのが苦手で汗っかきの為、どうしても水分の摂取が増えてしまい、夏の間は様々な問題に頭を悩ませています。

そのうちの一つが夏バテと言えますね。夏バテが生み出す問題は一つだけとは言えず、主な物だけでも「汗をかいて水分ばかり摂ってしまい、食欲が無くなって体力減」や同じく「汗をかいても水分の摂取量が少なければ便秘になりやすく、体が重くなってバテる」など、体のだるさに起因するものが目立ちますね。

夏バテによる体の倦怠感は病気とはまた違いますが、体にとっては辛い状態に変わりは無く、出来るなら夏バテになる前に何とかしたい、夏バテになってもすぐに治したい…誰もがそう考えます。

夏バテは風邪では無いので薬などは効果が無く、よって自然に治すしかありません。自然に治すなら自然の物を使うのが一番、そこで天然素材をふんだんに使った体に優しい飲み物、青汁の出番でしょう。

青汁が何故夏バテに勧められるかと言いますと、最初に挙げた主だった二つの原因に効果があるからなのです。その他にも様々な症状に対して効果があり、もちろん季節に関わらず飲んでいただけるのがベストですが、今回は夏に効く効果を見ていきましょう。

まずは食欲の減退による体力低下ですが、程度の差こそあれ、夏のような暑さにおいては食欲がある程度失せてしまう事は仕方ありません。その分水分を補給する事になるのですが、夏とはいえ麦茶ばかりでは無く、そのうち一杯は青汁に変更してみましょう。青汁には夏に欲しいミネラルが麦茶以上に多く含まれ、さらにミネラルの働きを助けるカリウムも含まれますので、総合的には夏に欲しい栄養素において青汁を多く上回ります。これによって水分の補給と同時に体力維持に必要な栄養素も摂取できるのです。

そして汗による水分不足、それに伴う便秘ですが、もちろんこちらにも青汁は効果的です。青汁には便通に直結する食物繊維が大量に含まれていますので、夏でもあまり飲み物を摂らない方でも少ない水分補給でするりとした便通を実感でき、知らないうちに体が軽くなっていた、という方も多いのです。便通というのは普通の状態ではあまり実感できないかもしれませんが、一度でも詰まってしまうとその苦しさは味わいたくは無いものです。

このように、青汁は夏バテに対して大きな効果を見込めます。普段から青汁を摂っていれば、夏に入っても夏バテが気にならないくらいの健康を保てますので、夏が過ぎ去ろうとしていても来年の為に備えておくのは。普段の健康面から見ても非常に有効です。是非試してみて下さい。

1 2 >