お酒は青汁で割る事でリスクを減らせる

晩酌を青汁で健康的に楽しもう!青汁割りの美味しいお酒の作り方!

もう一杯の魅力と危険性

お仕事の後に、めでたい席に、お休みの日に…大人の楽しみとしてお酒という物があります。好き嫌いはあれど恐らく一度は口にし、そして好きな方であるならその魅力の虜になった事であろうと思います。アルコールというのは適量であれば体も暖まり、体調にも決して悪くはありません。

しかしそれは適量の話であり、実際お好きな方であれば一日の摂取量の目安を大幅にオーバーしている事も珍しくなく、毎日飲む事で体に悪影響が出てきます。アルコールというのは軽い中毒性もありますので、一度好めばなかなかやめられないとも言われています。

アルコールは種類と量を考えるべし

アルコールは多量に摂取する事で血液中の濃度が高まり、最悪の場合死に至る事も珍しくありません。だったら毎日適量を飲めば…とお思いかもしれませんが、そもそもアルコール自体が体にとって異物である事を考えれば、休肝日と呼ばれる全く飲まない日を作らないといけません。

しかしアルコールを一日の楽しみとしている方にとっては、可能であれば毎日飲みたいでしょうし、一生に渡って続けていきたい、所謂生きがいの一つになりえます。さすがにそこまでなれば止めさせるのは酷ですよね。

だとしたら、せめてお酒の量と種類を制限し、同時に体に良い物を摂る事が長くお酒と付き合うコツと言えます。おつまみはどうしても味が濃い物ばかりなのであまり健康のアテにはなりませんので、だとしたらお酒をせめて健康的にしてみましょう。

水割りに青汁で美味しく優しく

お酒が血液をアルコールで濁すなら、血液を綺麗にする事が一種の生活習慣病予防になります。血液を綺麗にすると言えば野菜ですが、お野菜ではおつまみとして物足りませんし、野菜が不足しやすい食生活においては十分な量を摂るのは大変です。
(⇒青汁で血液を綺麗に

そこで青汁を飲酒の中に無理なく取り込むようにしてみましょう。お酒も飲んでいるのに別に何かを飲む気にはならない、と言う方は、青汁をお酒に混ぜてみる事をオススメします。

一見してお酒がお好きな方に「せっかくのお酒が台無しになるのでは?」と思われそうな組み合わせで、確かにビールと言った類とは好みが分かれそうなところですが、焼酎といった元々ジュースなどとも割って飲まれるお酒に足してみると、いかがでしょうか?

驚きの事に、これが意外と合うのです。焼酎の独特の苦みと味わいに抹茶の上品な香りが加わり、さながらお茶を飲んでいるかのようにすっきりとします。当然青汁という事で健康面での栄養も抜群、毎日お酒を飲むという方はこの抹茶割を飲む事で、自然と青汁を飲む習慣が身に付きます。事前の生活習慣病予防として大いに役立つ事でしょう。

但し、それでも浴びるように飲めばお酒ですので、当然体を壊す事になります。毎日の適量を守る事と青汁が組み合わさる事で効果がありますので、お酒も青汁も節度を持ってお付き合いしましょう。