青汁で鉄分、葉酸を効率よく補給

鉄分+葉酸+ビタミンC貧血防止!青汁ならば1杯で解決できる!

女性の中には貧血でお悩みの方が多くいます。なぜなら女性は月に一度の月経により、毎月血液を体外へ排出しています。月経以外にも妊娠や出産、授乳などで女性の体の中の血液というのはどうしても薄くなりがち。女性は意識的に貧血予防をしなければいけないのです。

貧血になるとめまいの症状だけではなく、全身の倦怠感、疲れやすさなどの症状が現れます。通勤中や買い物途中に急に強いめまいに見舞われるととても危険です。それに女性の場合は妊娠しにくい、生理不順などの症状をもたらすころもあります。

貧血は一般的に鉄分が不足することによって引き起こされるとされていますが、体内に取り込まれた鉄分のほとんどは赤血球(ヘモグロビン)の主成分となり体内を巡るようになります。その際新鮮な酸素を全身に運び、炭酸ガスを排出するという役割を果たします。鉄分が不足すると酸素が全身に行き渡らなくなることによって、貧血や倦怠感などの全身の症状となって表れるようになるのです。

貧血防止のためには鉄分を積極的に補給しなければいけません。鉄分を豊富に含むものにはレバーや貝類、野菜ではホウレンソウなどに豊富に含まれています。しかし、鉄分というのは栄養素の中でも体内に吸収されにくいものとされています。鉄分の吸収をよくするために是非一緒に摂取していただきたいのがビタミンC。例えば鉄分豊富なアサリとビタミンCが豊富なブ六コリーを一緒に炒めるなどすると、鉄分がより効率的に体内に吸収されていきます。

そしてもう1つ忘れてはいけないのが葉酸です。赤血球の合成に鉄分は欠かせない成分ですが、実は鉄分と同じく葉酸も絶対に欠かせない成分なのです。葉酸とはホウレンソウなどの葉野菜に多く含まれるビタミンBの一種なのですが、赤血球の合成やたんぱく質の合成に必要となる成分です。貧血対策には鉄分と同じく葉酸にも注目していただきたいのです。

結論としては貧血防止には鉄分+ビタミンC+葉酸で対処しましょう。しかし、これらを全部食事でまかなうのは大変です。毎日のメニューを考えるだけでも一苦労なのに、そこへ加え栄養バランスまで完璧に整えるというのは至難の業。そんなときに心強いのが青汁です。

青汁は栄養素が豊富なケール、大麦若葉などの葉野菜を主原料としているため、葉酸とビタミンCがとても豊富に含まれています。鉄分を多く含む青汁もあります。必要な栄養素をトータルでサポートしてくれ、しかも水を加えて混ぜて飲むだけという簡単さもとても便利ですね。どれだけ忙しくて食事をしっかり取れない人でも、青汁ならば短い時間ですぐに飲むことができます。最強の栄養ドリンクですね。

貧血でお悩みの方、まずは1日一杯の青汁生活から始めてみませんか。きっとすぐに体の変化を感じることができるはずです。