食物繊維の種類と便秘への効果

青汁が便秘解消に効果大?秘密は食物繊維の種類にあった!

食物繊維が私たちの健康のために欠かせないものだということはみなさんよくご存知でしょう。しかし、「どのように大切なのですか?」と聞いたときに、「便秘を解消してくれる」という答えしか出せない方が多いのではないでしょうか?実は、食物繊維の実力は「便秘に効果」だけではないのです。それは食物繊維の種類に秘密がありました。

食物繊維に2つの種類があるのをご存知でしたか?「水溶性植物繊維」と「不溶性植物繊維」です。前者は水に溶ける食物繊維で、後者は水に溶けにくい食物繊維ということです。それぞれが私たちの体の中で果たしてくれる役割が違います。

水溶性植物繊維は水分を吸収すると水をたっぷり含んで粘性に変化します。粘性であるため体の消化器官の中をゆっくり進んでいくのです。そのため食後の血糖値が急激に上昇するのを抑える働きをしてくれます。そして、体内を移動しながら余分な脂質やコレステロールなどを吸着させ、そのまま体外へ排出させてくれます。消化がゆっくりで腹持ちもよくなるため、食事の量と回数を少なくすることができます。生活習慣病でお悩みの方には絶対必要な成分と言えるのではないでしょうか。当然、便秘にも効果があります。水をたっぷり含むという性質があるため、便が硬くなるのを防いでくれます。

一方不溶性食物繊維は、消化されない状態のまま体外へ排出されることになります。そのため、便を必要以上に硬くさせず、スムーズに運んでくれる役割を担っています。便秘にならないということは腸内環境、体内がとても正常化されているということができます。体の中をキレイにそうじするためには食物繊維はかかせないのです。

普段の生活で食物繊維を意識して取ろうと思っても、現実はなかなか難しいと考えている人が多いのではないでしょうか。特に女性は男性より便秘になりやすい体質でもあります。何とかして便秘を解消したいと、あらゆる「便秘解消法」を実践された経験をお持ちなのでは?

便秘解消におすすめしたいのは青汁です。青汁は野菜不足の人が飲むもので、便秘に悩んでいる人が飲むものというイメージが無いかもしれませんが、実はそうではありません。青汁には青い色の葉野菜を中心に作られているのですが、葉野菜には食物繊維が豊富に含まれています。それも水溶性と不溶性の二種類が両方含まれています。その葉野菜を窄汁、冷凍、粉砕、粉末化する過程で、その他栄養素と一緒に食物繊維もたくさん含まれるようになっています。青汁を飲むことによって、普段の食事では完全に補うことのできない食物繊維を1杯で解決することができます。

調理の手間も無く、シェイクをして簡単に飲むことができる青汁。便秘解消の新たな習慣始めてみませんか。