食品衛生法違反と青汁の選び方

食品衛生法違反をしている商品がある?賢い青汁の選び方

食品や食材を購入する際、みなさんは何を基準にして選んでいますか?無農薬、有機栽培、国産などにこだわって購入しているという方もいらっしゃるかもしれませんね。その基準というのは人それぞれです。しかし前提として言えることは、スーパーや小売店などで売られているものはすべて大丈夫という絶対的な安心感を持っているということではないでしょうか。

消費者が持つその安心感というのは、国が定める食品衛生法によるものでしょう。食品衛生法とは、飲食に関する問題で人々が危害を受けないようにするために国が定めた法律です。国内に出回っている食品というのはすべて、この食品衛生法によって管理されています。ことばを変えれば、食品衛生法を違反する商品というのは流通させることができませんし、もし流通させた場合には大きな罰則が課せられるようになっています。

しかし私たちはニュースなどを通して、まれに食品衛生法を違反し厳罰を受けられる会社や食品メーカーなどの姿を見ることがあります。会社の資金繰りの問題や、体面の問題などが絡み、法を破るそういう悪質な会社が後をたたないというのは現実問題でもあります。

そこで大切になってくるのは消費者の意識です。食品衛生法があるから大丈夫と絶対的に安心するのではなく、厳しい目を持って自ら商品を選ぶということがとても重要になってきます。それはあなた自身が食品による危害から免れるだけではなく、この国からそうした悪徳な会社をなくしてしまうためにも有効な手立てなのです。

普段の食事で使われる食材や食品などに関しては大きな関心を持って選ばれる人も少なくありませんが、嗜好品や健康補助食品に関しては製品の質にあまりこだわらない人が多いようです。「体に良いものだから、悪いものが出回るわけがない」と始めから決め付けてしまっているのでしょうか。特に青汁などの健康補助食品に関しては、どのように作られたのかということ知らず購入し、後から農薬だらけの野菜を使って作られていたということを知って驚いたという声も多数聞かれています。

そうした悪徳な商品を購入しないようにするための方法をいくつがご紹介したいと思います。まず1つは、メジャーではないメーカーの商品は購入しないようにするということ。信用のないメーカーのものには手を出さないようにしましょう。大手のメーカーは会社の体面もありますので、そうした法には厳しく作られており、安心です。

次は金額です。金額があまり安すぎるのは心配です。青汁の一般的な価格は1杯あたり100円前後とされています。それより極端に安いという商品は、どのような方法で作られたのか疑問が生じます。「安さ」だけで選ばないようにしましょう。

自分自身の確かな知識と目で選ぶ、どんな商品を購入するにもこれが一番重要だということを忘れないようにしましょう。