フリーズドライ青汁の良い点

フリーズドライ製法で作られた青汁がおすすめなワケ

健康食品の代名詞でもある青汁。一言で青汁と言っても、その形態は実にさまざま。一般的によく見られるのは粉末タイプ、そして液体タイプ、そして冷凍の青汁に、粒状のサプリメントになった青汁、そしてフリーズドライの青汁があります。

今回注目したいのはフリーズドライ製法で作られた青汁です。青汁の中でも一番少ないタイプともいえますが、最近ではフリーズドライで作られた青汁が注目を集め始めています。フリーズドライ青汁の良いところについてご紹介しましょう。

フリーズドライはどのような方法で作られるかご存知でしょうか。フリーズドライ(freeze drying)とは、ことば通り、冷凍させたものを乾燥させて作る製法です。もっと詳しく説明するならば、あらかじめ過熱や味付けしたあるもの(食べられる状態にしてあるもの)を、マイナス30度程度に急速に冷凍し、そこからさらに圧を下げて真空状態の中で水分を蒸発させ乾燥させるという方法です。食品の水分だけを完全に飛ばしてしまったような状態ということです。ですからフリーズドライの食品を食べるときには水またはお湯を足すだけでOKなのです。フリーズドライのお味噌汁などは、温かいお湯を足すだけで美味しく飲むことができますよね。

フリーズドライのよいところは、熱に弱いビタミンなどの栄養成分が変化せずそのままいただくことができるというところ。そして常温での長期間保存が可能であるということ。水分がないため軽く、持ち運びなどにとても便利だということなどがあげられます。

青汁に関してもこのフリーズドライのメリットというのはとても重要です。青汁にはケール、大麦若葉、明日葉など栄養素が豊富な野菜がふんだんに使われています。その栄養素の中でもカリウムやビタミンCといったものは熱に弱いという性質を持っています。そのため加工の過程で加熱処理が行われるとせっかくの栄養素が台無しになってしまうのです。そのため加熱しないスリーズドライ製法は青汁にとっては最高の加工方法だということができますね。

長期間保存ができて、持ち運びにも軽いというのも、長く続けるためにはとても大切なことです。

ただ一点、フリーズドライで作られた青汁は、飲むときののど越しが気なるということがデメリットしてあげられます。どうしてものどにざらつきが残ってしまうのですね。あとは、粉末などの青汁に比べすこし値段も割高になっていることも多いようです。

栄養面、便利さでいうならフリーズドライ青汁が一番!是非一度お試しください。