青汁の選び方

飲みやすさ?栄養素?価格?青汁の賢い選び方

一昔前まで青汁は、相当に健康志向の高い人しか手に取らないような健康食品でした。しかし最近では人々の健康意識もかなり高く、多くの有名メーカーが青汁を販売していることもあり、ほとんどの人が青汁を飲んだ経験をお持ちなのではないでしょうか。テレビCMを見ても青汁のCMはとてもたくさん流れています。

健康のために始めてみようと考えても、青汁の種類がたくさんありすぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまうほどです。そんな青汁ビギナーの方のために、青汁の賢い選び方についてご紹介したいと思います。色んな角度から青汁を厳選し、自分に合う青汁を見つけましょう。

まずは、青汁の原材料を比べます。青汁と一言で言っても使っている材料はメーカーによって少しずつ違います。青汁といえばケールが主役ですが、ケールは栄養素が豊富である反面の醜さも強く感じてしまうため、最近ではケールを使わない青汁も増えてきています。大麦若葉や明日葉、桑葉などを使った青汁も出ています。それぞれの野菜で持っている特徴が違うため、どんな栄養素を一番必要としているのかで選ばれるといいでしょう。

次に、製造方法の違いで選ぶことができます。青汁には液状を冷凍にしたもの、粉末タイプ、フリーズドライ、粒状などの種類があります。それぞれに製造過程が違うため、同じ原材料を使っていても含まれている栄養素に若干ずつの違いがあります。飲み方や保存法、携帯のしやすさなどからも選ぶことができます。

そしてなにより一番重要だと考えるのは味、飲みやすさです。青汁は健康のために飲むものであって、毎日続けることが重要です。毎日続けるためには自分が飲みやすいと感じるものでなければいけません。使われている原材料や添加された甘味料などによって味がかなり違います。最近では抹茶風味の青汁が飲みやすいと評判のようです。

他には価格で選ぶことができます。青汁の金額はピンからキリまでとなっていますが、あまり安すぎるものはすこし心配です。一般的な標準価格は1杯100円程度と考えてください。高いようですが、ジュースやコーヒーに置き換えて飲むと考えればそんなに無駄ではないはず。

こだわりの強い方は、原材料の質にもこだわってみましょう。国産の原料や有機栽培の野菜を使っていると、とても安心ですね。健康のために飲むものですから、絶対的に体に良いものを選んで飲みたいものです。

いかがでしょう。こうした基準で青汁を選ばれれば、きっとあなた好みの青汁を探すことができるはずです。青汁の購入はインターネットや通信販売、ドラッグストアでどうぞ。