青汁の美味しい飲み方

みんなどう克服してる?青汁の美味しい飲み方!

「良薬口に苦し」ということばがあります。体に良いものは苦いものだ、苦くても体に良いから頑張って飲みましょう、という意味です。実は青汁も、「決しておいしくはないけれども健康のために我慢して続けている」という人が多いようです。

しかし、毎日続けるもの。できれば美味しくいただきたいですよね。青汁を続けたいけれども味が苦手という人のための、美味しい飲み方をご紹介したいと思います。

一般的に青汁といえばケールという野菜が原料に含まれています。青汁の独特の匂いやクセというのは、基本的にこのケールが出すものなのです。ケールの匂いやクセをごまかせるような飲み方をすれば比較的美味しく飲めるかと思います。

一般的なのは豆乳や牛乳と混ぜて飲む方法。グリーンティーオレのような味わいになりかなり飲みやすくなると思います。牛乳・豆乳とのミックスはたんぱく質も同時に補給できるとあって、栄養バランス的には抜群です。しかし牛乳・豆乳で割ると、どうしても粉末がのどにひっかかるような後味が残ってしまうようです。蜂蜜やオリゴ糖などと一緒に飲むと甘くなって一層飲みやすくなります。

次におすすめなのがリンゴジュース。お子様にはこの飲み方が受けるようです。ジュース専門店で飲むようなグリーンジュースの味がします。りんごジュースは100%のものがいいでしょう。同じ果汁でもオレンジジュースはあまり美味しくないようです。柑橘系ならばみかんや甘夏の絞り汁のほうが美味しく飲めるという情報もあります。

飲み物としていただく場合は、冷たくして飲んだほうが美味しいです。しかし寒いときは牛乳やジュースをすこし温めてから青汁を溶かすと寒い日でも飲みやすくなります。

ほかにもヨーグルトに粉末をそのままかけて食べるという意見も多く聞かれました。無糖のヨーグルトの場合は砂糖やオリゴ糖などの甘味料もお忘れなく。

その他には料理にプラスするという方法もあります。子供の大好きなホットケーキや蒸しパンに加えれば栄養満点のおやつに、グラタンやスープに加えれば家族全員が青汁の栄養素を美味しくいただくことができますよ。

ただし、青汁によっては上記の美味しい飲み方、食べ方に適さないものもあります。例えば最初から甘みが添加されているような青汁は料理にプラスするには多少不向きかとも思われます。よりシンプルな味のほうが応用はしやすいかもしれませんね。

健康にいいものですから、毎日続けるということが何よりも大切。毎日続けるためには美味しく飽きない飲む自分流の方法をどんどん見つけていくといいでしょう。