明日葉の栄養素と効果

日本を代表する野菜の王様、明日葉!明日葉入り青汁の実力とは

明日葉(アシタバ)という野菜を召し上がったことがありますか?生産者直売の市場や農協、まれにスーパーなどでも見かけることがあります。天ぷらやおひたし、マヨネーズ炒めなどでおいしく食べることができる野菜です。食べるとすこしネバネバした感じがあり、ちょっとしたほろ苦さがクセになります。

そんな明日葉、実はかなりの実力者。明日葉が持つ栄養素は、野菜の王様と呼ばれるケールを越えているというデータもあるほどです。明日葉の名の由来は、「今日葉を摘んでも、明日にはまた新しい葉が出てくる」というところから名づけられたそう。明日葉の生命力の強さを物語っています。

明日葉は日本原産のせり科の植物。日本では古来から薬草として重宝されてきました。江戸時代には天然痘予防に使われたり、「不老長寿の妙草」とも呼ばれました。中国でも古くから漢方薬として用いられてきたそうです。

明日葉にはビタミンやミネラル、その他栄養素も豊富に含まれています。特にβカロテン、ビタミンE、カリウム、食物繊維は他の野菜には類を見ないほどたくさん含まれています。

そして注目すべきなのは他の野菜ではあまり見かけることのできない栄養素「カルコン」と「クマリン」です。明日葉の茎や葉を切ると、切り口から黄色い汁が出てきます。それがネバネバの正体なのですが、そこに「カルコン」と「クマリン」が含まれています。カルコンとはフィトケミカル(ポリフェノールの一種)で、植物では明日葉にしか含まれていない成分です。カルコンには抗菌、抗酸化、抗炎症作用があるとされており、体全体の老化やさび付きを予防してくれます。また血液をサラサラにする効果も期待できますので、血栓を予防したり、血圧が高くなるのを抑制してくれる働きをしてくれます。生活習慣病の予防にかなりの効果が期待できそうです。

クマリンは芳香性分の一種で、せり科独特の香りを放つ成分です。クマリンにも強い抗酸化作用があり、ある学説によるとアルツハイマー予防に効果があるとされています。

明日葉はそのまま食べてもおいしいのですが、明日葉はなかなかスーパーで見かけられず、毎日食べたいと思っても難しいのが現状です。しかし、明日葉の栄養素を毎日摂取できる方法があります。それは「明日葉入りの青汁」を飲むことです。最近明日葉の効果が注目を集め始め、より簡単に摂取できるようにとさまざまな明日葉商品が開発されています。その中でも青汁がとくにおすすめです。明日ははケールに比べクセも少ないため、とても飲みやすい青汁に仕上がっています。インターネットや新聞広告などでもたくさん見かけることができますので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。日本原産の植物を使っているため、私たちの体に合うということは間違いないでしょう。