青汁とサプリ、どちらから栄養を摂るべきか

青汁とサプリ、どちらがいいの?より良い栄養を体に行き渡らせるには

栄養はどう摂るべきか

栄養の摂取と言えば食事が最も大事ですが、その食事の栄養が偏りがちな今、様々な方法で必要な栄養素を摂ろうと研究が進んでいます。極端な例で言えば寝たきりでも点滴で命を繋ぎ止められるなど、食事以外の方法で摂れる栄養も進化していると言えます。

その中でも手頃なのがサプリメントですね。これらは栄養素に応じて個々の種類が用意されており、中には複数の栄養素から体を健康に保とうとするものまであります。コンビニなどで売られている事もあり、手軽さに特に特化しているのが特徴ですね。

そして青汁の存在があります。青汁に関しては昔から健康食品として名を馳せている為、今や国民単位でその健康の影響が認められていると言っていいでしょう。現に、多くの方の健康の維持をサポートしています。
(⇒青汁の歴史の歩み

青汁は通販などがメインになる事もあり、個々の栄養素さえ満たせばいいなら、入手が容易なサプリメントでも代用が利くと思われますが、真実はどうなのか?私が調べたところ、そこにはやはり青汁の強さがありました。

天然栄養素の強み

サプリメントはどちらかと言えば医薬品、所謂薬としての側面が強いのです。それは固形にする為であったりとか、複数の栄養を持たせる為であったりなど、それらの理由の為にやはり「本来必要でない物」を含む事が多く、アレルギー反応なども出る事が多く、実際は安易に使用するには少々熟慮が必要な物が多いのです。私も苦手としている物質が含まれたサプリを飲んだ事があるのですが、その際には蕁麻疹が発生してしまいまいた。

青汁は優良メーカーの物であるなら、天然素材に加えて製法でも無駄な物を加えず、自然由来の物しか加えないようにしています。ゆえにそうしたアレルギー反応といった拒否反応は起きにくく、むしろ自然物で人間の体に必要な物ですので、体に悪い事の方が少ないですね。

確かにサプリメントを揃える事で様々な栄養を補えるという事実はありますが、基本的にサプリメントは固形の為に吸収が遅く、錠剤と言えど生活に不足している栄養素を揃える場合、かなりの量になってしまい、飲むのが楽という錠剤の利点を殺してしまいかねませんね。

体に優しい物を選ぼう

青汁だって体にとって必要な全てを補えるほど万能ではありませんが、それでも不足していると言われている野菜由来の栄養素の多くを補う事が可能です。しかもそれが体にとって負担で無い、自然の物だとしたら、サプリメントと比べてどちらが体に良いかは、一目瞭然と言えますよね。

栄養を補うというのは、体にとって必要な物を送り届けるという大切な工程です。必要な物を自然由来にしておく事で、あなたの健康はじっくりと確実に良くなるでしょう。