自作では無くメーカーの青汁が選ばれる理由

自作青汁の高すぎるハードル!私がプロの青汁を選ぶ三つの理由

青汁は自宅でも作れる?

青汁の概念というものをご存じの方なら一度は「青汁は自宅でも作れるんじゃないか?」と考える事がありますよね。私も一度は健康への意識から手作りの青汁というものを検討した物です。

実際、青汁とそれに準拠する物は作れない事はありません。ほぼ青汁用の野菜と言われるケールは一般には手に入りにくいですが、必要な栄養素を持つ野菜をミキサーなどですり潰せばそれは青汁となんら大差ない物ですし、酵素の面で考えればそれは良い判断とも言えるでしょう。

しかし、私は自分で作る事は無く、メーカーから定期購入している青汁に頼っています。初めに申しました通り自分なりに調べて考えたのですが、やはり青汁は今の形態が一番だと思ったからなのです。

私が青汁を取り寄せる理由

手作りというと響きはいいのですが、実際はメーカーから取り寄せる事のメリットはかなり多く、同時に自分で作る青汁が様々な面で問題を抱えているのかが良く分かると思います。

まず第一に味ですね。逆に言えば、これが解消できれば自作青汁のハードルはグンと下がります。野菜100%の野菜ジュースを飲んでもらえればお分かりですが、はっきり言って自宅で作られた青汁は美味しくありません。むしろ野菜100%の野菜ジュースはある程度の加工もあり、美味しく調整されていると言っていい次元です。

次に大きな問題が作る手間です。野菜をミキサーにかけるだけ…と聞くと楽そうなのですが、実際はそんなに甘くありません。青汁から摂れる栄養と同等の物を作る場合、驚くほどの物量と品目数を集めなくてはならず、その品目に関してもある程度の栄養価の知識が無いと難しいと言えます。

そして最後にコストですね。先にご説明した通り、青汁を自作するには多くの野菜が必要となり、野菜の価格がお世辞にも安いとは言えない今、一杯を作るコストに加えて余った野菜を考えると、メーカーの青汁の相場は一日当たり105円くらいからと、手間も考えればかなりお得と言っていいでしょう。

このように自宅で作る事の課題を挙げる事でメーカーから青汁を取り寄せる事のメリットが際立ち、私は購入に踏み切ったのですね。

餅は餅屋、青汁は青汁メーカー

そもそも自宅で簡単に作れるようなら、青汁業界なんてものが出来るはずもなく、皆さんのご家庭で作って終わりとなっているでしょう。それほどの負担を青汁メーカーは研究し、同時に独自のサービスを加える事で、今日まで私たちの生活に密着した青汁を作り続けてきたと言えるでしょう。

当たり前ですが、青汁メーカーは青汁作りのプロです。味、手間、コストの全てをクリアした優良メーカーだけが生き残っている業界ですので、是非一度プロの味と効果を堪能してみて下さい。