世代による青汁を飲むタイミングを解明

青汁を飲むベストタイミング、世代毎に徹底解明!

大人にも子供にも優れた青汁

野菜不足が不安視される現代において青汁は非常に有用であり、それこそ年代問わず、私たちの生活を支える存在と言えます。

子供の野菜が不足するという事は必然的にご両親の野菜も不足している事がほとんどであり、粉末青汁であるなら一包が一回分、そして一箱に複数入っているので、ご家族全員で飲むのもとても良い習慣と言えるでしょう。

そして、青汁を飲むタイミングというのを気にされている方が意外と多かったりします。青汁は毎日続ける事が一番大事であり、用量を守っているなら実際のところ、二の次にしていいのも事実です。

しかしながら年代に合わせた栄養素の摂取法が異なるように、青汁にもタイミング次第でよりよい効果が得られる可能性があります。そこで私が青汁の栄養素から考えた、大まかな世代毎の青汁の飲むタイミングをお教えいたします。

寝る子は育つ、だからお子様は夜に飲む

まず小さなお子様から二十歳くらいにかけましては、基本的に毎日が成長の繰り返しと言えるでしょう。その中でも体格はかなりの頻度で、それこそ目に見える違いは無くとも変化しているものです。

中でも身長というのは気にされる子供も多いので、成長期の間は夜寝る前に飲むという事を重要視するといいでしょう。特に一日一回なら夜に忘れないようにしたいです。

青汁には牛乳以上に豊富なカルシウムが含まれています。眠る前の牛乳は身長を伸ばす…というのは昔から言われており、それもひとえにカルシウムの存在があります。特にホットミルクに粉末青汁を溶かして飲めば、リラックスして良質の睡眠が期待できます。まさに寝る子は育つが体現されますね。

栄養が行き渡るタイミングを大人は逃さない

身体も精神も成熟した大人期間は人生において最も長いと言える期間で、同時に最も病気のタイミング、それも成人病と言った子供には基本的に無縁な病気のリスクが高まります。野菜不足というのはそれに拍車をかけていると言って過言ではありません。

だからこそ私は、朝起きた直後に青汁を飲む事を推奨いたします。私もそろそろ成人病に対策を行うべき年齢ですので、朝一番、目覚ましの一杯を続けています。

朝ご飯はしっかり食べるべし、というのは、朝起きた直後は最も栄養が吸収されやすく、一日の活動力に繋がるからなのです。その吸収されやすいタイミングにおいて豊富な野菜分を体に取り込むというのは、あなたの体に欲しい栄養が最も行き渡る瞬間です。これは成人病に立ち向かうなら逃したくはないですね。

毎日、より良いタイミングで

もちろんそのタイミングを逃したから今日は飲まない、ではお話になりませんし、同時に大人だから、子供だからとご説明したタイミングだけに捕われる必要はありません。あくまで最も適しているタイミングではありますが、それ以外の時間でも青汁の有用性が衰える事はありません。

忙しい現代だとタイミングがずれる事も珍しくはありません。だからこそ習慣付ける事を意識して、自然に生活に取り込んでみましょう!