毎日でも飲める青汁の組み合わせご紹介

毎日飲みたくなる事必至!私が選んだ青汁に合う飲み物紹介!

バリエーションがあるからこその悩み

最近の青汁、特に粉末タイプの青汁は『混ぜやすさ』が特徴となりましたね。

混ぜやすさというのは水などでも溶けやすい事を指しますが、同時に他の飲み物や料理にでも使えるという事です。一昔前のまずいと言われた青汁とは随分変わったものですね。

そうなるとある意味贅沢な悩みとも言える問題があります。それは毎日続けていくなら、どの飲み物で割って飲むのが良いのかという事ですね。

青汁と相性が良い飲み物

私も青汁を飲み続けるにあたって、様々な物を試した事があります。以下はその感想となります。

やはり最初はスタンダードに水で混ぜて飲んでみました。一度はやはり飲んでもらいたい最も通常の味であり、大麦若葉を使用した青汁だった事もあって、抹茶の味をそのまま液体にしたような、まさにお茶感覚の飲み物でした。当然甘くはないですが、しつこさは無いのでお食事中でも足を引っ張る事は無いと思います。

次にリンゴジュースで青汁を割ってみたのですが、多くの方が言うように、まさにジュースと同レベルの飲みやすさとなりました。リンゴの整腸作用などもあって栄養価は優秀ですが、果糖が含まれるのと、青汁の味がほとんど相殺されてしまうのがイマイチでした。青汁の味が恋しくなる時点で、そのままでも優秀なのが良く分かりました。

そして牛乳に粉末青汁を混ぜてみたら、後述でも記載しますが、恐らく一番美味しく、尚且つ栄養価でも一番では無いかと思う組み合わせになったのです。

私が牛乳青汁を推す理由

毎日飲む物としてはやはり味に加えて栄養価が大事で、栄養の中でも毎日摂りたい物に加えて摂っても大丈夫な物を含んでいるという、人間の体がわがままでデリケートなのが良く分かる条件が大事です。

そしてその点で飲み比べてみた場合、私は牛乳がベストな飲み物と判断したのです。元々私は牛乳が好きなのですが、それを差し引いても優秀だったのです。

気になる味としては牛乳のまろやかな味に加えて青汁の抹茶の香りがマッチし、さらに牛乳本来のかすかな甘味が青汁の味を引き立ててくれて、飲みやすさの中にも美味しさが含まれているのです。

加えて栄養素も牛乳と青汁のカルシウムの相乗効果、リラックス作用やホットにしても美味しく飲めるところなど、季節を問わないという点も大きく評価できます。ジュースと違い甘く無いのも糖分を控えられるし、その分のまろやかさが飲みやすさを向上させているので、味も楽しめるというのは大事です。

以上の事から、私は青汁を毎日続けて飲むなら牛乳に混ぜて飲むのを強く推奨します。もしも乳脂肪分が気になるなら低脂肪乳に置き換えても美味しく飲めるので、是非一度は試してみて下さいね!