動物に青汁を与えるのは大丈夫なのか?

青汁は動物にも必要?異なる体の仕組みを読みとってみる

青汁は動物に与えられるのか

青汁は人間の複雑でデリケートな体にしっかり浸透する飲み物で、私たちの健康に作用してくれます。それも青汁が天然素材で作られているからこそです。人間であれば年代問わず飲めるのが良いですよね。
(⇒子供でも飲める青汁の魅力

天然素材で体に良いとなれば、ペットが居るご家庭では「動物にあげても効果はあるんじゃないのか?」と考えるかもしれません。動物というのも人間とは違うものの、食べ物に関しては敏感で、与える物によっては大きな事故になりかねません。

そんな動物にも青汁は良い影響を与えてくれるのか?我が家にも動物が居るので、気になった私は調べました。

青汁が動物に与える影響

まず結論で言えば『動物にも少量ならば多大な影響は無いが、多量摂取は好ましく無く、無理をして与える必要性は薄い』というものでした。つまるところ、動物の為に追加注文というのはあまり有効でないという事ですね。

一番気になったのは「元々草食で無い動物は体内で必要な栄養素を作り出せる」という点です。これは学生のうちにもある程度学んでいましたが、家の動物の世話をしていても良く分かりました。

野菜から摂れる栄養と言えばビタミン類が有名ですが、犬や猫と言ったペットとしてメジャーな動物の大抵は体内で生成可能、わざわざ取り入れる必要は無く、むしろ無駄な栄養は排泄されると見た方がいいでしょう。我が家の犬は基本的にドッグフードと犬用のお菓子がメインですが、極めて健康、検診でも問題は無しと言われました。

動物全般に言われている事ですが、人間が食べる物、特に加工済みの物は与えない方が無難です。それは青汁にも言える事で、人間にとっては体にとって自然な物でも、犬や猫には必要な物とは言い難く、余分な栄養が体調不良に繋がりやすい動物にとっては良好な結果が得られるとは言い難いでしょう。

飼い主の愛情で体に良い物を与えたいのは分かりますが、それは出来れば動物用に作られた物に限定して、青汁は人間の家族だけで飲むようにしたいですね。

体に良い物はそれぞれ異なる

動物は人間の食べ物を往々にして欲しがるものですが、さすがに必要な栄養素を見分ける事まではできません。それも人間は同じで、自分に必要な栄養素をなかなか見分けられないからこその青汁なのです。

人間にも動物にも体に良い物を取り入れるようにして、必要が無い物は可能な限り減らしていく事を心がけてもらいたいですね。