青汁が夏の飲み物として優秀な理由

夏の飲み物に青汁を!持ち運びたくなる魅力的な要素の数々!

夏になるとたくさん汗をかきますので、水分の補給が必須となりますよね。皆さんは夏の水分補給としては、どんな物を真っ先に想像しますか?

日本の夏の飲み物としては、やはり真っ先に麦茶の存在が挙げられると思います。風物詩としても地位を確立している飲み物ですが、単に名前が挙がるだけでなく、実際科学的にも夏に適した飲み物であるとされます。

原材料の大麦は体を冷やす効果があるとされ、確かに暑い夏には嬉しい効果と言えますね。そして今回注目なのは夏に欲しいとされる栄養素の一つのミネラルが含まれているという点ですね。ミネラルは汗と共に排出されてしまうので夏は飲み物と一緒に摂取するのが好ましいとされ、体を冷やしつつもミネラルも含まれる麦茶は一見して夏の最強の飲み物に見えます。

しかし汗っかきで夏は多量の飲み物を摂取する私としては、青汁を夏の飲み物として強く推奨させていただきます。青汁というのは作るのもそこまで手間にならず、粉末タイプの青汁ならペットボトルに水と一緒に入れてシェイクするだけで、あっという間に持ち運び用青汁の完成です。ただ、青汁は鮮度が大事なので、可能な限りその日のうちには召し上がるようにしましょう。

さて、何故夏に青汁なのか?それは先に説明したミネラルを多く保有する事もありますが、それに加えてカリウムなど、ミネラルと共に摂取する事で効果が上がる成分が多く含まれているからなのです。

暑い夏と言え、一つのペットボトルに入れられた飲み物を飲めば大抵は喉の渇きは癒されますし、そうなると一本の飲み物から可能な限り必要な栄養素を摂取する事が好ましいですね。そうなるとやはり麦茶も体を冷やす効果も含めて期待できますが、より体に浸透し、尚且つ健康の維持にも役立つ青汁の方が夏に欲しい飲み物としては優秀と言えます。さらに夏と言えば暑さによる食欲減退、それに伴う栄養不足による夏バテが懸念されます。体を正常に動かす為の栄養を凝縮した青汁は、夏にも欲しい飲み物として身近になったという事ですね。

持ち歩く飲み物としては味も心配される方もいらっしゃいますが、近年の青汁は昔と違い、味に関してもすんなりゴクゴクと飲めるさわやかな味わいになっています。夏の季節に嬉しい風味です。

近年は温暖化が進み、脱水症状だけでなく熱中症も心配されています。青汁で水分補給と共に健康維持をし、厳しい夏を乗り切ってみましょう!