青汁の定義の建前と真実

意外と知られていない青汁の定義!建前と真実に隠された違いを見る!

青汁の定義という物をご存じでしたか?定義というのは人によって変わるし、公式が打ち出した物よりも一般的に広まってしまった物の方が有名になるなんて事は良くありますよね。

そして青汁の定義なのですが、実際は「緑黄野菜をすり潰した物」全般であり、ご自宅に置いてそうした野菜をミキサーなどですり潰せば、これも一種の青汁と呼べる物になりますね。少し驚きです。

しかし最初に書いた通り、定義というのはある意味建前が優先されていて、一般的に広まっている物の方が実際服用する私たちにとって正しい事があります。何でもかんでも鵜呑みにしてしまうより、ご自分で調べてみて納得するのに越した事は無いと言えますね。

そして青汁の定義についても同じ事が言えます。建前だけを見るなら「緑黄野菜をすり潰してジュースにすればいいよね?」と思われがちですが、もちろんそれだけでは健康食品を手掛けるメーカーたちの商品にここまで価値は生まれませんし、作る手間を置いておいても、リピーターも生まれません。では、私たちにとって青汁というものは何なのか?

青汁の歴史からもお分かりですが、緑黄野菜と一口に言っても様々あり、中でもケール大麦若葉と言った『特に栄養価が高く一般では手に入りにくい野菜』を使った物が青汁としての説得力を持つと言われています。

これらの野菜はそれこそ普通の市販されている緑黄野菜に味こそ劣っても、普通の野菜では摂取できないような大量の栄養価が含まれています。だから青汁が市販された当初こそ「健康に良い代わりにまずい」と言わざるを得ない商品でしたが、各社の普及させるための努力が実を結び、結果として現在の「健康に良く長く続けられる味わい」に変化していったのです。これは、一般家庭では作れない大きなアドバンテージですね。

野菜を十分に摂っていると思っていても、通常の緑黄野菜で摂取するのは物量的に困難です。野菜を意識して摂っている時でも青汁を加える事により、さらに健康を磐石の物と出来るでしょう。ご自分で青汁を作っている方は、ケールや大麦若葉の有用性について知っていただき、是非メーカー製の青汁も検討に入れてみて下さいね。

青汁というのはやはり製法あってこそなので、メーカーが熟慮を重ねて作ったその味と効果を試していただき、正しい定義についてもう一度検討してみて下さいね。