青汁

青汁の持つ健康パワーをご紹介

青汁

青汁の基礎知識・マメ知識

青汁は健康に良いといいますが、確かに野菜の搾り汁であれば健康には良さそうですよね。しかし青汁はあなたの予想以上に様々な影響を体に及ぼします。何が健康に良いのか、なぜ生野菜やサラダではなく青汁がお勧めされるのか。まずは青汁について詳しく知りましょう。



青汁 効果

青汁の効果や効く症状

なぜアナタは青汁を飲もうと思ったのでしょうか。きっと青汁による体の変化を望んでいるからではないでしょうか。青汁が日々の健康はもちろん、便秘や二日酔い、さらには夏バテ予防やがん予防にまで効果があるって知っていましたか?



青汁 成分

青汁に含まれる成分や栄養

野菜を元に作られている青汁ですから健康に良い成分が多く入っていることは予想がつきますよね。しかし青汁の良いところは、普段は食べない野菜を使用することで、摂取するのが難しい栄養素やミネラルが入ってる所にあります。青汁ってこんなに色々入っているんです!



青汁 飲み方

青汁を美味しく飲む方法

苦くて、渋くて、青臭いなんて言われている青汁ですが、ちょっと手を加えれば美味しく続けることができます。甘いスイールに混ぜれば青汁が苦手や方や子どもでも美味しく摂取できますし、お酒に混ぜるなんて変わった飲み方だって出来ちゃうんです。



青汁 通販

青汁をお得に続けるコツを紹介

青汁を健康のために毎日続けたいと思っても、出費がかさんでしまうようだと躊躇してしまいますよね。しかしネットを上手に使えがお得に青汁を続けられる方法が沢山あります!定期購入やキャンペーンを上手く利用して青汁生活にチャレンジしてみましょう。



青汁ランキング

人気・定番の青汁をチェック

「まずい!もう一杯!!」青汁といえばこのフレーズが浮かぶ方も多いのではないでしょうか。しかし今や青汁商品はかなりの数があり、成分も味もコンセプトも様々なものがあります。あなたに合った青汁を探すことが長く続ける一番のコツです。



飲みやすくて栄養たっぷり!人気の青汁で始める健康生活!

健康オタクの私は普段から生活にはかなり気を遣っています!中でも食事にはかなり気を気を遣っていて、栄養をバランスよく摂ることを心がけて生活してます。

それだけ健康のためには栄養が重要になってくるのですが、普段の食事で必要なだけの栄養をしっかりと摂ることはなかなか大変です。特に野菜は不足しがちで、現代人の多くは慢性的な野菜不足に陥っています。

そこで活躍するのが青汁です!青汁には野菜由来の豊富な栄養がたっぷりと含まれていて、しかもそれを見ずに溶かして飲むだけで摂ることが可能なんです!

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、例えば肌荒れや、冷え性、そして便秘などにも効果的です。野菜の栄養をたっぷりと摂ることで免疫力を高める効果もあるので、風邪の予防やアレルギーに対しても効果が期待出来ます!

そんな青汁ですが、世間では「ニガい」「クサい」「マズい」というイメージを持たれています。でも実際に飲んでみると分かるのですが、全然そんなことはなくて、お子さんでも問題なく飲むことが出来る程の飲みやすさなんです!

私もそんな青汁を毎日飲んでいて、人気のメーカーのものを通販で購入しています。わざわざお店に探しに行く手間もかからないし、安心して飲めるメーカーのものを飲めるからです。

健康を気遣うなら青汁は欠かせません!また便秘や肌荒れに悩んでいる人、そしてアレルギー体質を改善したい人にも効果抜群なので、是非健康的な青汁をあなたもお試しあれ!

飲みやすさ?栄養素?価格?青汁の賢い選び方

一昔前まで青汁は、相当に健康志向の高い人しか手に取らないような健康食品でした。しかし最近では人々の健康意識もかなり高く、多くの有名メーカーが青汁を販売していることもあり、ほとんどの人が青汁を飲んだ経験をお持ちなのではないでしょうか。テレビCMを見ても青汁のCMはとてもたくさん流れています。

健康のために始めてみようと考えても、青汁の種類がたくさんありすぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまうほどです。そんな青汁ビギナーの方のために、青汁の賢い選び方についてご紹介したいと思います。色んな角度から青汁を厳選し、自分に合う青汁を見つけましょう。

まずは、青汁の原材料を比べます。青汁と一言で言っても使っている材料はメーカーによって少しずつ違います。青汁といえばケールが主役ですが、ケールは栄養素が豊富である反面の醜さも強く感じてしまうため、最近ではケールを使わない青汁も増えてきています。大麦若葉や明日葉、桑葉などを使った青汁も出ています。それぞれの野菜で持っている特徴が違うため、どんな栄養素を一番必要としているのかで選ばれるといいでしょう。

次に、製造方法の違いで選ぶことができます。青汁には液状を冷凍にしたもの、粉末タイプ、フリーズドライ、粒状などの種類があります。それぞれに製造過程が違うため、同じ原材料を使っていても含まれている栄養素に若干ずつの違いがあります。飲み方や保存法、携帯のしやすさなどからも選ぶことができます。

そしてなにより一番重要だと考えるのは味、飲みやすさです。青汁は健康のために飲むものであって、毎日続けることが重要です。毎日続けるためには自分が飲みやすいと感じるものでなければいけません。使われている原材料や添加された甘味料などによって味がかなり違います。最近では抹茶風味の青汁が飲みやすいと評判のようです。

他には価格で選ぶことができます。青汁の金額はピンからキリまでとなっていますが、あまり安すぎるものはすこし心配です。一般的な標準価格は1杯100円程度と考えてください。高いようですが、ジュースやコーヒーに置き換えて飲むと考えればそんなに無駄ではないはず。

こだわりの強い方は、原材料の質にもこだわってみましょう。国産の原料や有機栽培の野菜を使っていると、とても安心ですね。健康のために飲むものですから、絶対的に体に良いものを選んで飲みたいものです。

いかがでしょう。こうした基準で青汁を選ばれれば、きっとあなた好みの青汁を探すことができるはずです。青汁の購入はインターネットや通信販売、ドラッグストアでどうぞ。

おならでお困りの方へ、青汁を飲んで腸内環境正常化!

おならは匂いも音もあるものですから、人前で出てしまうとすこし恥ずかしいですよね。しかし、おならがでるのはとっても健全な生理現象なのです。おならが出ない人などいません。しかし人並み異常に匂いが強烈であったり、回数が頻繁であったりするとすこし心配になってしまいますね。

おならが通常以上に臭かったり、回数が多かったりするのにはさまざまな理由がありますが、一般的には腸内環境があまりよくないときに起こることが多くなります。便秘気味であったり、宿便がどっさり溜まっていたり。

おならがなぜ出るのか。おならというのは、食べたものが腸の中で消化され、腸内細菌によって分解されるときに発生するガスです。ガスが発生するということは腸の中で正常に消化が行われている証拠でもあるのです。

しかしガスの量が多かったり、ガスの匂いが強烈であるときというのは、腸の中にある内容物が上手く排出されず、どんどん腐敗していくことによって、ガスを発生しているという状態になっているのです。腸の中の内容物が上手く排出されないということは、まさに便秘になってしまっているということですね。物が腐ったり発酵する過程ではガスが発生します。内容物が多ければ多いほどガスの量も多くなりますし、溜まっていればいるほど匂いも強烈になってくるのです。

おならを解決したいならば腸内環境を改善するしか方法はありません。

便秘には一般的に食物繊維がいいとされていますが、食物繊維にも2つの種類があるのをご存知ですか。1つは水溶性食物繊維と、もう1つは不溶性食物繊維です。実は便秘により効果的なのは水溶性食物繊維なのです。水溶性食物繊維は、水分を含むと粘性に変化し、体の中をゆっくり進んでいきます。その過程で体の中の不要なもの(脂質やゴミなど)をくっつけながら、最後には体外に一緒に排出してしまいます。

水溶性食物繊維は野菜に多く含まれているのですが、手っ取り早く補給したいならば青汁がおすすめです。青汁は健康のためにのむもので、便秘解消に効果あるの?と思われがちですが、何より便秘に一番効果があるんですよ。便秘薬や下剤を常用していた人が青汁を飲んでスムーズなお通じを久しぶりに実感したという話は、よく聞かれる話です。

おならでお困りの方、腸内環境を正常にしたいと考えている方、是非一度青汁を試してみてください。飲みにくさを感じる人は豆乳+オリゴ糖+青汁、またはヨーグルト+オリゴ糖+青汁というふうに他のものと混ぜて飲むと美味しく、より効果を体感することができるはずです。

フリーズドライ製法で作られた青汁がおすすめなワケ

健康食品の代名詞でもある青汁。一言で青汁と言っても、その形態は実にさまざま。一般的によく見られるのは粉末タイプ、そして液体タイプ、そして冷凍の青汁に、粒状のサプリメントになった青汁、そしてフリーズドライの青汁があります。

今回注目したいのはフリーズドライ製法で作られた青汁です。青汁の中でも一番少ないタイプともいえますが、最近ではフリーズドライで作られた青汁が注目を集め始めています。フリーズドライ青汁の良いところについてご紹介しましょう。

フリーズドライはどのような方法で作られるかご存知でしょうか。フリーズドライ(freeze drying)とは、ことば通り、冷凍させたものを乾燥させて作る製法です。もっと詳しく説明するならば、あらかじめ過熱や味付けしたあるもの(食べられる状態にしてあるもの)を、マイナス30度程度に急速に冷凍し、そこからさらに圧を下げて真空状態の中で水分を蒸発させ乾燥させるという方法です。食品の水分だけを完全に飛ばしてしまったような状態ということです。ですからフリーズドライの食品を食べるときには水またはお湯を足すだけでOKなのです。フリーズドライのお味噌汁などは、温かいお湯を足すだけで美味しく飲むことができますよね。

フリーズドライのよいところは、熱に弱いビタミンなどの栄養成分が変化せずそのままいただくことができるというところ。そして常温での長期間保存が可能であるということ。水分がないため軽く、持ち運びなどにとても便利だということなどがあげられます。

青汁に関してもこのフリーズドライのメリットというのはとても重要です。青汁にはケール、大麦若葉、明日葉など栄養素が豊富な野菜がふんだんに使われています。その栄養素の中でもカリウムやビタミンCといったものは熱に弱いという性質を持っています。そのため加工の過程で加熱処理が行われるとせっかくの栄養素が台無しになってしまうのです。そのため加熱しないスリーズドライ製法は青汁にとっては最高の加工方法だということができますね。

長期間保存ができて、持ち運びにも軽いというのも、長く続けるためにはとても大切なことです。

ただ一点、フリーズドライで作られた青汁は、飲むときののど越しが気なるということがデメリットしてあげられます。どうしてものどにざらつきが残ってしまうのですね。あとは、粉末などの青汁に比べすこし値段も割高になっていることも多いようです。

栄養面、便利さでいうならフリーズドライ青汁が一番!是非一度お試しください。

みんなどう克服してる?青汁の美味しい飲み方!

「良薬口に苦し」ということばがあります。体に良いものは苦いものだ、苦くても体に良いから頑張って飲みましょう、という意味です。実は青汁も、「決しておいしくはないけれども健康のために我慢して続けている」という人が多いようです。

しかし、毎日続けるもの。できれば美味しくいただきたいですよね。青汁を続けたいけれども味が苦手という人のための、美味しい飲み方をご紹介したいと思います。

一般的に青汁といえばケールという野菜が原料に含まれています。青汁の独特の匂いやクセというのは、基本的にこのケールが出すものなのです。ケールの匂いやクセをごまかせるような飲み方をすれば比較的美味しく飲めるかと思います。

一般的なのは豆乳や牛乳と混ぜて飲む方法。グリーンティーオレのような味わいになりかなり飲みやすくなると思います。牛乳・豆乳とのミックスはたんぱく質も同時に補給できるとあって、栄養バランス的には抜群です。しかし牛乳・豆乳で割ると、どうしても粉末がのどにひっかかるような後味が残ってしまうようです。蜂蜜やオリゴ糖などと一緒に飲むと甘くなって一層飲みやすくなります。

次におすすめなのがリンゴジュース。お子様にはこの飲み方が受けるようです。ジュース専門店で飲むようなグリーンジュースの味がします。りんごジュースは100%のものがいいでしょう。同じ果汁でもオレンジジュースはあまり美味しくないようです。柑橘系ならばみかんや甘夏の絞り汁のほうが美味しく飲めるという情報もあります。

飲み物としていただく場合は、冷たくして飲んだほうが美味しいです。しかし寒いときは牛乳やジュースをすこし温めてから青汁を溶かすと寒い日でも飲みやすくなります。

ほかにもヨーグルトに粉末をそのままかけて食べるという意見も多く聞かれました。無糖のヨーグルトの場合は砂糖やオリゴ糖などの甘味料もお忘れなく。

その他には料理にプラスするという方法もあります。子供の大好きなホットケーキや蒸しパンに加えれば栄養満点のおやつに、グラタンやスープに加えれば家族全員が青汁の栄養素を美味しくいただくことができますよ。

ただし、青汁によっては上記の美味しい飲み方、食べ方に適さないものもあります。例えば最初から甘みが添加されているような青汁は料理にプラスするには多少不向きかとも思われます。よりシンプルな味のほうが応用はしやすいかもしれませんね。

健康にいいものですから、毎日続けるということが何よりも大切。毎日続けるためには美味しく飽きない飲む自分流の方法をどんどん見つけていくといいでしょう。

青汁でコレステロール値が下がる?青汁の驚くべき実力!

ここ十年あまりでよく聞かれるようになった「コレステロール」ということば。コレステロールが体によくないということはわかっていても、どのように悪いのか、どういう生活をすればコレステロールが増えていくのかということまでは知らない人が多いようです。まずはコレステロールとは何か、どのように体に悪影響を与えるのかについて考えてみましょう。

コレステロールというのは「悪い」と思っている人も多いようですが、実は私たちの体を形成するためにはなくてはならない存在なのです。コレステロールは脂質の一種で、細胞膜を形成したり、ホルモンの生成に必要であったり、免疫力を高めるという役割を果たしています。毎日500~600gほど必要としているのです。コレステロールを多く含む食材には卵、エビ、いか、ウナギ、とりモモ肉、たらこ、すじこなどがあります。

問題は、コレステロールの摂り過ぎです。コレステロールの多い食事を摂ると、体内のコレステロール値は当然高くなります。コレステロールは脂質の一種であるため、単純に考えて「太る」のです。血液にコレステロールが増えると、いわゆる「ドロドロ血」になります。そうした血液は詰まりやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まってきます。

現在すこし太り気味であるという人、そして健康診断などでコレステロール値が高いと診断された経験があるという人、そして卵やエビなど、コレステロールの高い食品が大好きであると言う人は注意が必要です。

コレステロール値を下げるためには、コレステロールの高い食品を控えるようにし、余分なコレステロールを体外へ上手く排出するようにしなければいけません。そこで活躍するのがなんと青汁なのです。

実は青汁、コレステロール値を下げるために有効な手立てを2つも持っています。まず1つは豊富な食物繊維。食物繊維、特に水溶性の食物繊維はコレステロールをくっつけて体外へ排出してくれる役割があります。青汁には水溶性食物繊維が豊富に含まれているため、コレステロールを排出するのにとても効果的なのです。

次に、青汁にはGABAやβカロチンなどの抗酸化成分が豊富に含まれています。活性酸素は血管内にこびりついたコレステロールを酸化させ、血管を老化、もろくさせてしまうのです。抗酸化成分は活性酸素の悪さを抑制する働きをしてくれます。結果、動脈硬化や心筋梗塞などの症状を食い止めることができるのです。

コレステロール値を気にしている方にこそ飲んでいただきたいのが青汁なのです。青汁にはコレステロールがまったく含まれていないため、飲んで得はあっても害は全く無いのです。青汁の驚くべき実力、実感してみてください。

野菜不足を感じたら、1日1杯の青汁で解決!

あなたは毎日どれぐらいの野菜を食べていますか?昼食や夕食に外食が多い人は普段から野菜不足を実感しているのではないでしょうか。外食やコンビニ弁当などの中食では野菜を十分に補うということはとても難しいですね。

成人が1日で食べなければいけない野菜の量はおよそ350gとされています。350g分の野菜と言いますと、ミニトマト2つ、ピーマン1つ、小松菜1把、きゅうり半分、ニンジン3cm分、大根3cm分、もやし一掴み。大体これぐらいの野菜を摂らなければいけません。いかがですか?案外多くないなと思いませんでしたか?毎日毎食料理を作っている人は「意外と大丈夫そうな量」なのです。

しかしこれを朝トーストやコーンフレークなどに置き換えたり、昼食に牛丼を食べたり、夕食にハンバーグ定食などをいただくと、やはり350gを摂取することが難しくなってきます。

中には、ポテトが大好きで毎日ポテトをたくさん食べているから350gなんて簡単!と考えている人もいるかもしれません。今はダイエット中でキャベツばかりを食べているから大丈夫と考えている人もいるのではないでしょうか。大切なのは350gというグラム数にこだわるのではなく、たくさんの野菜をバランスよく少量ずつ摂るということなのです。

野菜には肉や魚、穀物からは摂取することができないビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。たくさんの野菜からそれをバランスよくいただくということが何より大切なのです。野菜が不足すると、健康を支えるミネラル、ビタミン類が欠乏し、病気しやすい体になってしまいます。生活習慣病や深刻な病気にかかりやすくなるリスクも高まります。

とは言っても、忙しく働いている人に、毎日自宅で料理をして野菜を摂るようにと言っても実際難しい問題です。そこでおすすめしたいのが青汁です。青汁は葉野菜を中心に作られています。野菜の王様とも言われるケール、明日葉、大麦若葉などを窄汁し、繊維を粉砕、それらを飲みやすく加工しています。そのため葉野菜の栄養素をまるごといただくことができるのです。

青汁には食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、カリウム、GABA,βカロチンなど豊富な栄養素が含まれています。葉野菜というのは食事で摂るとあまりたくさんの量を食べることができないので、ジュースとして飲むということはとても効率的でもあるのです。

青汁には野菜量で換算すると1杯で50グラムほどの野菜が使われているとされています。普段の食生活にプラス青汁、これだけで一日分の野菜は基本的に解決できるでしょう。野菜不足を感じ始めたら、青汁を始めてみてください。

飲む青汁とサプリメント状の青汁、どっちが効果的?

青汁というと液状になっているもの、もしくは粉末の状態になっているものを水で溶かして(薄めて)飲むというのが一般的です。素晴らしい栄養素をバランスよく摂取することができると人気の高い青汁ですが、1つの大きな問題点は「飲みにくさ」でした。葉野菜独特の匂いや味に苦手意識を感じ、飲みたくても飲めないと言う人も多いようです。そうしたニーズに答えるべく最近登場し始めたのが青汁をサプリメントのように粒状にしたものです。飲む青汁と粒状の青汁、どちらがより効果的であるのかというのを徹底検証したいと思います。

青汁の最大の魅力といえば豊富な栄養素です。栄養素に関して言えばどちらも代わりはないでしょう。ただし、粒状にするということは、粉末であるものを「固める」という作業がプラスされます。粉末のものを固める際には、固めるための添加剤がどうしても必要となります。それは決して人体に影響を与えるようなものでもなく、健康上何の問題もないのですが、余分な添加物はいらないと考えている方にとっては必要のないものかもしれません。

そして、固める際にはどうしても加熱処理が必要となります。青汁に含まれている成分の中には加熱すると弱くなる成分も含まれています。カリウムなどがそれに当たります。ですから同じ原材料を使っていても、摂取できる成分には若干の差があるということを認識していただくと良いでしょう。

飲みやすさで比べると、断然粒状のものかもしれません。しかし、青汁に対してそんなに抵抗感がなかったり、ジュースや牛乳などとミックスしながら飲むことを楽しんでいらっしゃる方は飲む青汁のほうがいいとされる人もいるでしょう。サプリメント青汁の最大の魅力は、携帯がしやすいというところでしょう。時間がなく毎朝青汁を飲み忘れてしまうという人でも、カバンにいれておけばいつでもどこでも栄養を補給することができます。

飲む青汁のほうは、野菜を絞ったままをいただいているというような実感があります。飲むことによって、自身が今健康のために努力をしているということを常に感じることができるのです。そうした実感はサプリメントの青汁ではあまり感じられないかもしれませんね。

飲む青汁も、サプリメント状の青汁も、あなたの生活スタイルに合わせてより便利で飲みやすいほうを選択されれば良いかと思います。大切なのは続けることですから。

中国産の原料を使っている青汁は安心して飲んでも大丈夫?

みなさんはどのような食生活でどのようなことを意識していますか?カロリーなどはあまり気にせずおいしさだけを追求する人、なるべく安く済ませたいと考えている人、なるべく栄養バランスをとりながら健康的な食生活を送りたいと考えている人、そんなことも考える余裕などなく忙しくてちゃんとした食事を取る余裕すらないという人、さまざまかと思います。

健康的な食生活を送られている人はよりバランスを取るために、そうでない人は頼みの綱といった感じで、健康食品や栄養補助食品などを愛飲している人はとても多いでしょう。そういった健康食品の中でも一番人気が高いのが青汁です。

青汁はケールや大麦若葉、明日葉などの栄養豊富な葉野菜を中心に作られており、普段の食生活ではなかなか補うことができない食物繊維やβカロチン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどの栄養素をバランスよく補給することができるドリンクです。粉末のものもあれば、最初から液体になっているものもあります。「まずい、クセがある」とされていた味も、それぞれの企業努力によりかなり飲みやすくなってきており、愛飲者も急増しています。

そんな青汁ですが、気になるのはどこでどのように作られたのかということ。健康のために飲んでいる食品であるからこそ、そういった部分も気になりますよね。

青汁の中でもやはり人気があるのが国産原料で作られた青汁です。どんな食品でも国産というのはやはり安心感が違います。「国産」という安心感のために、すこしぐらい高くてもお金を払うという人も少なくはないでしょう。

それでは海外で作られた青汁はどうでしょう。実は国内工場で作られている青汁とうたってはいるけれども、材料のほとんどを輸入していると言う場合があります。輸入材料のほとんどは中国産が多いようです。「中国産」と聞くと「大丈夫?」と思ってしまう人も多いでしょう。実際中国から輸入した食品の中から日本では規格外の農薬が検出されたというニュースもありました。そのとき日本に住む多くの人たちが若干の恐怖を覚えたことでしょう。

現在中国でも農薬問題は深刻化しているといいます。必要以上の農薬を使って作る野菜も出回っているため、中国国民は野菜の農薬を取り除くために野菜を洗剤で洗うという話も最近ではよく聞かれる話です。

しかし、中国で作られている食材がすべてそうなのかというと必ずしもそうではありません。ことに日本の大手メーカーと契約している農家では日本の基準に合わせて作らせてもいるので、国産の野菜と大きな違いはないということも現実としてあります。

ただ、名の知れぬメーカーや信用のできないメーカーが販売している青汁に関しては注意が必要です。健康のために取り入れるものだからこそ、より安全で安心なものを選びたいですね。

ケールの驚くべき効能!青汁を飲んで生活習慣病を遠ざける!

健康食品として愛飲者も多い青汁。普段の食生活ではどうしても不足しがちな野菜。それを手軽に補えると言う点で青汁は多多くの人の支持を受けています。青汁には栄養素の高い葉野菜が中心に使われていますが、その代表格といえばケールです。みなさんはケールという野菜をご存知ですか?名前は知っていてもどのような栄養を持つ野菜なのかまでは知らない人も多いかと思います。実はケールは驚くべきパワーと効能を持っている野菜なのです。ここではケールという野菜のもつ知られざる力についてご紹介したいと思います。

ケールは地中海沿岸が原産のアブラナ科の植物です。アブラナ科の仲間にはキャベツやブロッコリーなどがありますが、それらの野菜はすべてケールが原種であるとされています。キャベツの先祖とでも言いましょうか。キャベツのように丸い形(結球)にはならず、大きな葉は開いたままの状態になります。大きなものでは高さ3mにまでなることも。とても丈夫な野菜で、温暖な気候でしたら一年中栽培することが可能だといわれています。

ケールには他の野菜とは比べ物にならないぐらいに豊富な栄養素が含まれています。体内の毒素を排出してくれるクロロフィル、目のビタミンと言われるビタミンA、腸内環境を正常にしてくれる食物繊維、骨を丈夫にするカルシウム、赤血球の合成に絶対必要な葉酸など、野菜の中では一番の栄養の高さを誇っています。

それではケールの栄養素を体内に取り入れるとどういった効能を期待することができるのでしょうか。まず注目していただきたいのが、ケールには血糖値を抑制する効果があるとされています。ポイントは食物繊維です。ケールには水溶性食物繊維が豊富に含まれているのですが、水溶性食物繊維は体内で水分を含むと粘性をおび、消化器官内をゆっくりと進んでいきます。これが食後の血糖値を急激に上昇するのを防いでくれるのです。食物繊維は消化されることなく体外へ排出されるのですが、このとき体内のコレステロールをくっつけて共に排出してくれるという働きもしてくれます。糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病のリスクを抑えることができると期待されているのです。

そしてケールはガン予防にも効果があると言われています。ケールに含まれているルテイン、βカロチン、ビタミンCは抗酸化作用を持つ成分です。体の酸化を防いでくれます。ガンというのは、体の中に活性酸素が以上発生し、それが悪性となることによって体が蝕まれていく病気です。抗酸化、抗ガン成分がガンの発生を抑制させてくれます。

ケールにはこのような注目すべき成分が含まれていますが、そのまま食べることはなく、基本的には青汁という形から私たちはケールの栄養素をいただくことができます。毎日1杯の健康習慣、あなたも始めてみませんか。

食品衛生法違反をしている商品がある?賢い青汁の選び方

食品や食材を購入する際、みなさんは何を基準にして選んでいますか?無農薬、有機栽培、国産などにこだわって購入しているという方もいらっしゃるかもしれませんね。その基準というのは人それぞれです。しかし前提として言えることは、スーパーや小売店などで売られているものはすべて大丈夫という絶対的な安心感を持っているということではないでしょうか。

消費者が持つその安心感というのは、国が定める食品衛生法によるものでしょう。食品衛生法とは、飲食に関する問題で人々が危害を受けないようにするために国が定めた法律です。国内に出回っている食品というのはすべて、この食品衛生法によって管理されています。ことばを変えれば、食品衛生法を違反する商品というのは流通させることができませんし、もし流通させた場合には大きな罰則が課せられるようになっています。

しかし私たちはニュースなどを通して、まれに食品衛生法を違反し厳罰を受けられる会社や食品メーカーなどの姿を見ることがあります。会社の資金繰りの問題や、体面の問題などが絡み、法を破るそういう悪質な会社が後をたたないというのは現実問題でもあります。

そこで大切になってくるのは消費者の意識です。食品衛生法があるから大丈夫と絶対的に安心するのではなく、厳しい目を持って自ら商品を選ぶということがとても重要になってきます。それはあなた自身が食品による危害から免れるだけではなく、この国からそうした悪徳な会社をなくしてしまうためにも有効な手立てなのです。

普段の食事で使われる食材や食品などに関しては大きな関心を持って選ばれる人も少なくありませんが、嗜好品や健康補助食品に関しては製品の質にあまりこだわらない人が多いようです。「体に良いものだから、悪いものが出回るわけがない」と始めから決め付けてしまっているのでしょうか。特に青汁などの健康補助食品に関しては、どのように作られたのかということ知らず購入し、後から農薬だらけの野菜を使って作られていたということを知って驚いたという声も多数聞かれています。

そうした悪徳な商品を購入しないようにするための方法をいくつがご紹介したいと思います。まず1つは、メジャーではないメーカーの商品は購入しないようにするということ。信用のないメーカーのものには手を出さないようにしましょう。大手のメーカーは会社の体面もありますので、そうした法には厳しく作られており、安心です。

次は金額です。金額があまり安すぎるのは心配です。青汁の一般的な価格は1杯あたり100円前後とされています。それより極端に安いという商品は、どのような方法で作られたのか疑問が生じます。「安さ」だけで選ばないようにしましょう。

自分自身の確かな知識と目で選ぶ、どんな商品を購入するにもこれが一番重要だということを忘れないようにしましょう。